F1シンガポール決勝速報:ペレス、ルクレール抑え優勝! フェルスタッペン7位、角田リタイア

F1第17戦シンガポールGPの決勝レースが行なわれ、レッドブルのセルジオ・ペレスが優勝。アルファタウリの角田裕毅はクラッシュを喫し、リタイアとなった。

F1シンガポール決勝速報:ペレス、ルクレール抑え優勝! フェルスタッペン7位、角田リタイア
Listen to this article

 F1第17戦シンガポールGPの決勝レースが行なわれた。優勝したのは、レッドブルのセルジオ・ペレスだった。

 舞台となるマリーナベイ市街地コースは、決勝レース開始の1時間前から豪雨に見舞われ、スタートディレイ。1時間5分遅れでスタートが切られた。

 ポールシッターはシャルル・ルクレール(フェラーリ)だったが、スタートで2番手のペレスが優れた加速を見せ、首位に浮上した。

 ペレスはその後、終始レースをリード。6台がリタイアし、2時間制となる波乱のレース終盤はルクレールに追い立てられたが、振り切って今季2勝目を飾った。ペレスはセーフティカー走行中にルールに違反した疑いがあるとして、レース後の審議対象となっているものの、ルクレールには5秒以上の差をつけており、5秒のタイム加算ペナルティなら結果に影響はない。

 ルクレールはなんとしても優勝したいところだったが2位。3位にはカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が入っている。

 8番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、スタートで一時12番手までポジションダウン。5番手まで追い上げたものの、リスタートでオーバーテイクを仕掛けた際にオーバーランしてしまい、7位に終わった。

 アルファタウリの角田裕毅は10番手からのスタートだったが、レース中盤にスリックタイヤに履き替えた直後のタイミングでクラッシュを喫してリタイア。チームメイトのピエール・ガスリーは、10位でポイントを獲得している。

 
Read Also:

シェア
コメント
F1シンガポールGP、豪雨に見舞われスタートディレイが決定
前の記事

F1シンガポールGP、豪雨に見舞われスタートディレイが決定

次の記事

ペレス、ルクレールとの激闘制す。フェルスタッペン7位でタイトル決定は次戦日本GPにお預け|F1シンガポールGP

ペレス、ルクレールとの激闘制す。フェルスタッペン7位でタイトル決定は次戦日本GPにお預け|F1シンガポールGP