F1スペインFP3:フェルスタッペン、実力見せつける首位。中団争いは大接戦、角田裕毅は12番手

F1第4戦スペインGPのフリー走行3回目は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は12番手でセッションを終えた。

F1スペインFP3:フェルスタッペン、実力見せつける首位。中団争いは大接戦、角田裕毅は12番手

 F1第4戦スペインGPのフリー走行3回目がカタルニア・サーキットで行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

 快晴のバルセロナは気温23度、路面温度37度というコンディション。60分のセッションがスタートしても、しばらくはコースインするマシンがいない時間が続いたが、アルピーヌのフェルナンド・アロンソがまずコースイン。ただひとりミディアムタイヤで周回を重ねた。

 その後は徐々にコース上の台数も増えていき、予選や決勝に向けて各車ソフトタイヤやミディアムタイヤで走行。レッドブル勢はミディアムタイヤ、メルセデス勢はソフトタイヤで走行を開始した。何度かアタックを行ない、マシンのバランスやパフォーマンスを確かめた。

 残り時間が20分ほどになると、各車が新品のソフトタイヤでコースインしていき、予選前最後のシミュレーションを実施。タイムシートのオーダーは次々と変動していった。アルファロメオのキミ・ライコネンが右リヤタイヤをパンクさせ、スロー走行でピットに戻った他、ランド・ノリス(マクラーレン)がターン10で挙動を乱し、グラベルに飛び出すシーンもあった。

 それ以外に大きなトラブルはなく、60分のセッションが終了。トップタイムをマークしたのは、フェルスタッペンとなった。

 セッション終盤にアタックしたフェルスタッペンは、最終コーナーでわずかに挙動を乱しながらも1分17秒835をマーク。初日フリー走行ではうまくアタックをまとめることができていなかったが、FP3でようやくその実力を見せつけた。

 0.235秒差の2番手に続いたのはメルセデスのルイス・ハミルトン。セクター3ではフェルスタッペンより速いタイムを記録したものの、セクター1とセクター2ではフェルスタッペンに差をつけられた。予選を前にミディアムタイヤを温存しており、ミディアムタイヤで予選Q2を突破する狙いがありそうだ。

 3、4番手にはフェラーリのシャルル・ルクレール、カルロス・サインツJr.が続いた。5番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)を上回り、メルセデス勢の間に割って入った形だ。今季これまでマクラーレンと激しい争いをしているフェラーリだが、今回は一歩先んじているようだ。

 サインツJr.とボッタスの差はわずかだが、それ以降も大接戦。6番手となったノリスと13番手のエステバン・オコン(アルピーヌ)のタイム差が0.206秒とひしめき合っており、予選Q3を目指す争いはひとつもミスが許されない厳しいバトルとなりそうだ。 

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、各車が2セット目のタイヤに交換するため一旦ピットに戻ったタイミングでただひとりコースに残り、12周使ったミディアムタイヤで自己ベストを更新する場面も。ソフトタイヤでのアタックでは12番手となった。7番手となったチームメイト、ピエール・ガスリーとは0.138秒差だ。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 11 1'17.835     215.301
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 14 1'18.070 0.235 0.235 214.653
3 Monaco シャルル ルクレール 17 1'18.308 0.473 0.238 214.001
4 Spain カルロス サインツ Jr. 18 1'18.410 0.575 0.102 213.722
5 Finland バルテリ ボッタス 15 1'18.423 0.588 0.013 213.687
6 United Kingdom ランド ノリス 14 1'18.494 0.659 0.071 213.494
7 France ピエール ガスリー 17 1'18.535 0.700 0.041 213.382
8 Australia ダニエル リカルド 21 1'18.582 0.747 0.047 213.254
9 Finland キミ ライコネン 18 1'18.597 0.762 0.015 213.214
10 Mexico セルジオ ペレス 16 1'18.606 0.771 0.009 213.189

シェア
コメント
今年を捨てるなんてとんでもない! ベッテル、2022年型への開発移行に“待った”

前の記事

今年を捨てるなんてとんでもない! ベッテル、2022年型への開発移行に“待った”

次の記事

F1ドメニカリCEO、ハミルトンの進退決断を尊重も「F1は彼無しでもやっていけるはず」

F1ドメニカリCEO、ハミルトンの進退決断を尊重も「F1は彼無しでもやっていけるはず」
コメントを読み込む