F1フランスFP1:メルセデス復調か、ボッタス首位。フェルスタッペン3番手、角田裕毅は10番手

F1第7戦フランスGPのフリー走行1回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップ。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は10番手となった。

F1フランスFP1:メルセデス復調か、ボッタス首位。フェルスタッペン3番手、角田裕毅は10番手

 F1第7戦フランスGPのフリー走行1回目がポール・リカール・サーキットで行なわれた。トップタイムを記録したのは、メルセデスのバルテリ・ボッタスだった。

 昨年はコロナ禍の影響で開催中止となったフランスGP。テストサーキットとしても有名なポール・リカール・サーキットは、4本のストレートを様々なキャラクターのコーナーでつないだようなレイアウトだ。

 気温25度、路面温度37度というコンディションでセッションが始まると、多くのクルマがハードタイヤでコースイン。アストンマーチンの2台やフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)はソフトタイヤ、フェラーリのシャルル・ルクレールはミディアムタイヤで走り出した。

 セッション序盤は気流センサーを搭載したり、フロービズペイントを施して空力のチェックを行なうチームが多かったが、ボッタスは縁石に乗り上げフロントウイングを破損。その他には、角田裕毅(アルファタウリ)やミック・シューマッハー(ハース)がスピン。シューマッハーはウォールに軽く接触してしまった。

 さらにセッション開始から15分、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)が風の影響を受けたか、ターン11で突如挙動を乱し、リヤからバリアにクラッシュ。幸い自走でピットに戻ることができたが、タイヤを完全にダメにしてしまった。

 セッション折り返しを前に、徐々にソフトタイヤを履くマシンも増え、各車ペースアップ。しかしフェラーリのカルロス・サインツJr.はアタックに入ったターン2でスピンを喫し、内部構造が見えるほどのダメージをタイヤに負ってしまった。

 その後は大きなトラブルなく、各車がロングラン気味に走行を重ねる中でセッション終了。トップタイムをマークしたのは、ボッタスだった。モナコ、アゼルバイジャンと2戦連続で苦戦が続いたメルセデスだが、ハミルトンも2番手に続いており、復調の気配を見せた。

 レッドブル・ホンダ勢はマックス・フェルスタッペンが3番手、セルジオ・ペレスが4番手。セッション前半のハードタイヤでのタイムではメルセデスに先んじていたが、フェルスタッペンはソフトタイヤでのアタックで「コーナーでフロントが入っていかない」と訴え、セクター3で自己ベストを更新できなかった。セクター1、2ではメルセデスとほぼ互角のペースを発揮しており、この問題を解決できれば、さらにタイムは伸びそうだ。

 メルセデス、レッドブルのトップ4以降はアルピーヌ、マクラーレン、アルファタウリの3チームが争う構図となった。

 5番手にはアルピーヌのエステバン・オコンが入り、マクラーレンのダニエル・リカルドを挟んで、7番手はフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)がつけた。アルピーヌはチームの母国で上位につけた。

 アルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリーが8番手。角田裕毅もチームメイトから0.148秒差の10番手となった。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 24 1'33.448     225.057
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 21 1'33.783 0.335 0.335 224.253
3 Netherlands マックス フェルスタッペン 23 1'33.880 0.432 0.097 224.022
4 Mexico セルジオ ペレス 25 1'34.193 0.745 0.313 223.277
5 France エステバン オコン 25 1'34.329 0.881 0.136 222.955
6 Australia ダニエル リカルド 24 1'34.644 1.196 0.315 222.213
7 Spain フェルナンド アロンソ 21 1'34.693 1.245 0.049 222.098
8 France ピエール ガスリー 20 1'34.699 1.251 0.006 222.084
9 United Kingdom ランド ノリス 21 1'34.707 1.259 0.008 222.065
10 Japan 角田 裕毅 22 1'34.847 1.399 0.140 221.738

 

シェア
コメント
有料放映か無料放映か……現代F1の大きな悩みのタネ

前の記事

有料放映か無料放映か……現代F1の大きな悩みのタネ

次の記事

F1フランスFP2速報:フェルスタッペンが首位、僅差でボッタス続く。角田裕毅は13番手

F1フランスFP2速報:フェルスタッペンが首位、僅差でボッタス続く。角田裕毅は13番手
コメントを読み込む