F1シュタイアーマルクFP3:好調アルファタウリの角田は5番手、トップタイムはメルセデスのハミルトン

F1第8戦シュタイアーマルクGPのフリー走行3回目が行なわれ、セッションをトップタイムで終えたのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、5番手だった。

F1シュタイアーマルクFP3:好調アルファタウリの角田は5番手、トップタイムはメルセデスのハミルトン

 オーストリアのレッドブルリンクで開催されているF1第8戦シュタイアーマルクGPのフリー走行3回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 雨の予報も出ていたレースウィークだったが、土曜日のフリー走行3回目は気温21度、路面温度45度のドライコンディションで行なうことができた。しかし、金曜日午後に同サーキットで行なわれたポルシェ・スーパーカップのフリー走行で強い雨が振ったため、路面に載っていたラバーは洗い流されてしまった。

 フリー走行1回目、2回目では各チーム降雨を危惧してか、忙しいセッションとなった。しかし3回目はゆったりとしたスタート。ただハースF1の2台や、パワーユニットにデータ異常が見つかったとしてフリー走行2回目を走れなかったピエール・ガスリー(アルファタウリ)が、セッション開始早々にコースインし、マシンの感触を確かめた。

 開始から10分を過ぎた時点では、アルピーヌの2台に続いて、アルファロメオの創立111年記念の特別カラーのマシンを駆るキミ・ライコネンがコースイン。セッションが20分を経過すると、除々にコース上にマシンが増えてきた。

 各車はソフトタイヤかミディアムタイヤを装着。前戦のフランスGPとは大きく異なり、タイヤ間のタイム差が少なく、さらに周回数を重ねたタイヤでもタイムが更新されていく状態だった。

 セッション開始から30分が経過した時点でのトップタイムは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがソフトタイヤでマークした1分5秒571。2番手には0.119秒差でガスリー、3番手にレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス。4番手には7周したミディアムタイヤで1分5秒819を記録したアルファタウリ・ホンダの角田裕毅が入った。つまりホンダPUユーザーがトップ4を占める形となったのだ。

 40分が過ぎると全てのマシンがガレージに戻り、2セット目のタイヤでの走行に備えた。気温・路面温度共に上昇する中、多くのドライバーが新品のソフトタイヤを投入しての走行を開始し、タイムアップを見せた。

 フリー走行1回目、2回目をトップで終えているフェルスタッペンは、残り10分という遅いタイミングで新品のソフトタイヤを投入し、コースインしている。

 最終的に予選前最後のフリー走行をトップタイムで終えたのは、ソフトタイヤで1分4秒369を出したハミルトン。2番手には、0.204秒差の1分04秒573を記録したフェルスタッペンがつけた。フェルスタッペンは2度目のアタックでのタイムが、トラックリミット違反によって抹消されている。3番手にはメルセデスのバルテリ・ボッタス、4番手にペレスがつけた。

 上位2チームの後ろ”ベスト・オブ・ザ・レスト”には、アルファタウリ・ホンダの2台。角田がトップから0.781秒差の1分05秒150をマークし、5番手に入った。チームメイトのガスリーも6番手でセッションを終えた。

 フェルスタッペンの他にも、フェラーリのカルロス・サインツJr.や角田など、フリー走行3回目でも、ターン9と10でのトラックリミット違反によるタイム抹消が相次いだ。予選でも、このトラックリミットがカギとなるだろう。また、コースの全長が短いこともあり、特にQ1ではトラフィックに遭遇するのをいかに避けるかということも重要になるだろう。

 F1が発表している天気予報では、日本時間22時から行なわれる予選はウエットでのセッションになるとのことだが、山の天気は変わりやすいもの。さて、どうなるか……目が離せない。

 
 

Read Also:

 

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 19 1'04.369     241.495
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 16 1'04.573 0.204 0.204 240.732
3 Finland バルテリ ボッタス 25 1'04.832 0.463 0.259 239.770
4 Mexico セルジオ ペレス 21 1'05.026 0.657 0.194 239.055
5 Japan 角田 裕毅 23 1'05.150 0.781 0.124 238.600
6 France ピエール ガスリー 22 1'05.298 0.929 0.148 238.059
7 Monaco シャルル ルクレール 21 1'05.340 0.971 0.042 237.906
8 Spain フェルナンド アロンソ 24 1'05.400 1.031 0.060 237.688
9 Canada ランス ストロール 18 1'05.445 1.076 0.045 237.524
10 Germany セバスチャン ベッテル 20 1'05.492 1.123 0.047 237.354

シェア
コメント
ピレリ、F1イギリスGPから構造を強化した新リヤタイヤ導入へ。オーストリアGPのフリー走行でテスト実施
前の記事

ピレリ、F1イギリスGPから構造を強化した新リヤタイヤ導入へ。オーストリアGPのフリー走行でテスト実施

次の記事

2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP 予選ライブテキスト

2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP 予選ライブテキスト
コメントを読み込む