F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
7 days
23 10月
次のセッションまで……
21 days

レッドブルF1、2013年以来最高の準備を整え、オーストリア開幕戦へ……

シェア
コメント
レッドブルF1、2013年以来最高の準備を整え、オーストリア開幕戦へ……
執筆:

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームとして最後にタイトルを獲得した2013年以来、最高の準備を整えた状態で2020年シーズンの開幕を迎えることができると自信を持っている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕が遅れていた2020年のF1シーズンも、7月3〜5日にかけて開催されるオーストリアGPからいよいよスタートする。

 この開幕戦に続き、第2戦も、同じレッドブルリンクでの開催。同じサーキットで2週連続でレースを開催するのは、F1世界選手権の歴史上初めてのことである。

 このレッドブルリンクは、名前の通りレッドブルのホームコースであり、マックス・フェルスタッペンが過去2年連続で勝利を収めている地である。一方で、ここ数年圧倒的な強さを誇っているメルセデス陣営は、ここでは信頼性の問題に苦しんでいる。

Read Also:

 フェルスタッペンは、2月にカタルニア・サーキットで行なわれたプレシーズンテストで、2番目に速いタイムを記録。トップタイムを記録したメルセデスのバルテリ・ボッタスからは0.537秒の遅れだった。

 ただ、ボッタスが最も柔らかいC5タイヤで最速タイムを記録したのに対し、フェルスタッペンは1段階硬いC4タイヤで最速タイムを記録した。つまりレッドブルは、そのパフォーマンスを完全に発揮することのないまま、プレシーズンのテストプログラムを完了させたように見えたのだ。

「エキサイティングで、そして激しい年になるだろう」

 ホーナー代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「レースは激しく、そして速くなっていくだろう」

「私としては、良い準備ができた状態でシーズン開幕を迎えられるように感じている。おそらく2013年以来、最も準備が整った状態での開幕になる」

「ハイブリッド時代(2014年以降)に入って、最高のオフシーズンを過ごしたと思う」

「ホンダとの関係も2年目であり、チームとしても非常に統合されたように感じる。そして我々はとても興奮している。レースに挑むのを、楽しみにしているんだ」

 レッドブルは先週、シルバーストン・サーキットでフィルミングデーを活用し、ニューマシンRB16をレギュレーションで許された計100km走らせた。ドライバーはアレクサンダー・アルボンだった。一方、ライバルとなるメルセデスとフェラーリは、走行距離に制限のない2018年仕様のマシンをテストで走らせた。

 ホーナー代表は、今回のテストがアルボンとチームにもたらしたメリットを説明。チームはすぐに、ピットストップの練習で2秒以下のタイムを記録したことを明かした。

 なおイギリスに入国するにあたって14日間の自己隔離をする必要があったため、フェルスタッペンはこのテストに参加しなかった。

「チームにとって、PPE(個人防護具)などを使いつつ、新たな手順を確認できたというだけで、非常に有意義なテストだった」

「基本的なことをもう一度確認できるという点でも、とても良かった。ピットストップや、いくつかの基本的なことについて、モヤモヤを吹き飛ばすことができたんだ」

「アレックスにとっても有意義なテストだったはずだ。彼はF1で2年目のシーズンを迎える。そして100kmだが最新マシンで走行できるんだ」

「マックスに隔離措置を受けさせないようにすることは、かなり前に決定した。オーストリアに行くまでに50km未満しか走れないのに対して、受けるデメリットが大きすぎた」

「チームにとっては、有益な練習になったと思う。マシンが再び走るのを見るのは素晴らしかったし、チームがすぐに2秒以内でピット作業を完了できたのも、良いことだった」

 

Read Also:

待ちに待ったこの時……2020年シーズン開幕戦オーストリアGP、DAZN配信スケジュール

前の記事

待ちに待ったこの時……2020年シーズン開幕戦オーストリアGP、DAZN配信スケジュール

次の記事

アルファタウリF1、開幕戦の準備は万端? クビアト「良いプランがある」

アルファタウリF1、開幕戦の準備は万端? クビアト「良いプランがある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Alex Kalinauckas