メルセデスが今季の開発を止めたなんて信じられない! レッドブルのホーナー代表「我々は自分のことに集中するだけだが」

レッドブルは、F1タイトル争いのライバルであるメルセデスが、今シーズン残りのレースでアップグレードを投入しないと発言していることについて「信じられない」と語っている。

メルセデスが今季の開発を止めたなんて信じられない! レッドブルのホーナー代表「我々は自分のことに集中するだけだが」

 レッドブルリンクで行なわれたF1シュタイアーマルクGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが圧倒的な強さを見せ優勝。これでタイトル争いのライバルであるメルセデスに対し、ドライバーズランキングでも、コンストラクターズランキングでも、その差を広げることになった。

 このレースで敗北を喫したメルセデスのトト・ウルフ代表は、2021年用マシンの開発をすでに終了させており、今後のレースにアップデートを投入する予定はないと発言。すでに2022年用マシンの開発にリソースを集中させていると明かした。

Read Also:

 チームのドライバーであるルイス・ハミルトンは逆に、レッドブルに勝つためにはアップグレートをもたらすことが必要であると語った。これらのことを考えれば、レッドブルの今季のタイトル獲得の可能性が大いに高まっているとも考えられる。

 しかしレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ウルフ代表が言うようにメルセデスが今季のアップグレードを完全に終了させるとは信じられないと語った。

「メルセデスがやっていることは、彼らの仕事だ。我々は自分たちのことに集中するだけだ」

 そうホーナー代表は語った。

「我々は、トトがどこかに光を当てるのを好むということを知っている。だから、マシンに何のアップグレードも投入することなく、今年の残りの期間を過ごすなんていうことは信じられない」

「しかし我々にできるのは、自分たちの仕事に集中することだけだ。もちろん、今年と来年のバランスを取らねばならない。しかし、そのことが我々が他のチームよりも頑張らなければならないということを意味するのであれば、我々はそれに全力で取り組む」

 レッドブルはシュタイアーマルクGPの際にも複数のアップグレードを投入したことが確認されている。2022年のF1は全くコンセプトの異なるマシンに変わることになるが、もしその新レギュレーションに全力を注ぐ時期が遅れてしまえば、長期的なリスクに繋がる可能性があると、ウルフ代表は発言している。

「来年だけでなく、今後何年にもわたって新しいレギュレーションが適用され、クルマのコンセプトもまったく異なるものになるため、適切なバランスを選択しなければならない」

「ほとんどの人々が、来年のクルマ(の開発)に取り掛かっていると思う。中にはまだ何かを持ってくるところもあるかもしれない。レッドブルは、木曜日と金曜日に新しいパーツを積んだトラックを持ってきた」

「それも戦略だし、現状では成功していると言える。なぜなら、今回のレッドブルはペース面で見ても他の追随を許さないほどだったからだ」

 ホーナー代表も、今季用の開発と来季以降に向けた開発に割くリソースのバランスを慎重に検討しているところだと語ったが、今シーズンを非常に強力な形で始めることができたため、とても良い状態にあると感じているようだ。

「今年は久しぶりに、競争力のあるマシンでシーズンを始めることができ、それを最適化して調整することができた」

 そうホーナー代表は語った。

「今年のマシンでは先行しているが、その差は実に僅かだ。そして来年の新車を見ると、開発のサイクルを経る度に、重要なステップを踏むことができる」

「今年のわずかな差と、来年の大きなステップの間で、バランスを正しく取っている。しかし、それは過去にやってきたことと同じだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
”悪夢”のフランスから、1週間で復活したフェラーリ。ルクレール「F1で最高のパフォーマンスだった」
前の記事

”悪夢”のフランスから、1週間で復活したフェラーリ。ルクレール「F1で最高のパフォーマンスだった」

次の記事

メルセデスの敗因は”奇抜”なセットアップ?「アタックではメリットがあったが……確認が必要」

メルセデスの敗因は”奇抜”なセットアップ?「アタックではメリットがあったが……確認が必要」
コメントを読み込む