レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、FP3を前にシャシー交換

シェア
コメント
レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、FP3を前にシャシー交換
執筆:
2019/03/16 2:27

レッドブルはオーストラリアGPのFP3を前に、マックス・フェルスタッペン車のシャシー交換を実施した。

 レッドブルは、開幕戦オーストラリアGPのフリー走行3回目を前に、マックス・フェルスタッペン車のシャシー交換を実施した。

 金曜日のフリー走行2回目、フェルスタッペンはトップのルイス・ハミルトン(メルセデス)から0.8秒遅れの3番手だった。フェルスタッペンはソフトタイヤでタイム計測を行った後そのままロングランを実施したことから、燃料をそれなりに積んだ状態だったと考えられるが、メルセデス勢に次ぐポジションにつけた。

 それにも関わらず、土曜日のフリー走行3回目に先立ち、FIAはレッドブルがサバイバルセルの交換を実施したことを発表した。

 変更の理由はまだ分かっていないが、レッドブルは金曜日の走行開始前から交換を実施する必要があることを認識していたと考えられる。

 なお、週末のこの段階でシャシーを交換してもペナルティは受けない。そして金曜日の走行開始前に交換作業を行っていた場合、FP3まで走行できなかった可能性がある。

 レギュレーション上、サバイバルセルが木曜日の車検後に変更された場合、マシンがその翌日まで使用できない可能性があるとされている。

 また、FIAはハースがシーズン中に2回許される夜間作業をすでに実施したことも発表している。

 ハースはロマン・グロージャンのマシンのオイル漏れを直すため、午前2時30分から11時まで作業を行ったという。

DAZN2ヵ月無料キャンペーン
DAZN × motorsport.com 「DAZN 2カ月無料キャンペーン」を3/14〜17にかけて実施!
次の記事
ホンダ、開幕戦初日は概ね順調。田辺TD「予定通りプログラムを消化」

前の記事

ホンダ、開幕戦初日は概ね順調。田辺TD「予定通りプログラムを消化」

次の記事

F1オーストラリアGPフリー走行3回目速報:レッドブル・ホンダはガスリーが6番手。ハミルトン最速

F1オーストラリアGPフリー走行3回目速報:レッドブル・ホンダはガスリーが6番手。ハミルトン最速
Load comments
Be first to get
breaking news