F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
2 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
9 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
24 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
30 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
37 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
51 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
58 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
79 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
107 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
114 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
128 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
142 days

レッドブルが考える”ル・マン挑戦”のシナリオ。2021年のF1に失望したら……

シェア
コメント
レッドブルが考える”ル・マン挑戦”のシナリオ。2021年のF1に失望したら……
執筆:
協力: Christian Nimmervoll, Featured writer
2018/12/27 8:23

レッドブルが2021年以降のF1に参戦する意義を見出せなければ、F1から撤退しアストンマーチンと組み、ヴァルキリーをベースとしたハイパーカーを使って、ル・マン24時間レースに挑戦する可能性がある。

 2021年にレギュレーションの大変革が予定されているF1。もしレッドブルがF1に参戦し続ける意義がないと判断した場合、彼らにはアストンマーチンと提携し、ル・マン24時間レースで成功を収めるという新たな挑戦を選ぶ可能性がある。

 ジャガーのエントリーを引き継ぎ、2005年からF1に参戦しているレッドブル。天才的なF1マシンデザイナー、エイドリアン・ニューエイの作るマシンを駆ったセバスチャン・ベッテルが、2010年から2013年まで4年連続でチャンピオンに輝いた。

 しかし、V6ターボエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニット(PU)が導入された2014年からは、メルセデスがF1を支配。レッドブルは散発的にレースに勝つのがやっとという状況となった。

 そこでレッドブルは、ルノーのカスタマーチームという立場から脱し、ホンダと提携。2019年から事実上のワークスチームとなることで、再びタイトル争いに返り咲こうとしている。

 一方で、F1オーナーのリバティ・メディアは、商業的な権利や賞金の分配方法を定めたコンコルド協定が2020年に期限切れとなるのを待ち、レギュレーションや賞金分配方法の改革を行うことを目標としているが、今のところ大きな成果は得られていない。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、再びカスタマーチームに戻ることには興味がなく、レギュレーション変更において無理に要求を呑むつもりはないと主張した。

「エンジンに関するレギュレーションも、コンコルド協定もなければ、レッドブルもホンダも決断は下さないだろう」と、マルコはmotorsport.comに語った。

「しかし、我々は再びどこかに依存するような体制になるつもりはない。過去、我々が他者としていた約束などは、守られなかったのだ」

 レッドブルとホンダの契約期間は、2020年までの2年間。もしそれ以降、両者が契約を延長するのに好ましい条件がない場合、レッドブルの選択肢は限られているように思える。ホンダのパフォーマンスが奮わなかった場合ももちろんだが、今後のF1がどういったものになっていくのかも大きく影響するはずだ。

「撤退も選択肢のひとつだ」

 そうマルコは話す。

「あるいは他のレースシリーズや、他のことをやる」

「ハイパーカールールが導入されるル・マンに挑戦することも選択肢になりうる。我々はアストンマーチンと、ヴァルキリーの開発を経験している。そして、センセーショナルな成功を収めている」

「クルマはすぐに完売した。それは、レッドブル・テクノロジーズにとってもうひとつの柱だ」

 ヴァルキリーは、レッドブルとアストンマーチンが共同開発した高性能な市販車だ。このマシンの開発には、ニューエイが深く関わり、150台限定で販売されたマシンは瞬く間に売り切れた。さらに、レース専用仕様のマシンが25台ほど追加で製造されているという。

 世界耐久選手権(WEC)は、2020/21年から現行のLMP1クラスを市販車をベースとしたハイパーカーに置き換える、新しいレギュレーション策定に取り組んでいる。

 リバティ・メディアが考える、2021年以降のF1に関するビジョンのうち、コスト削減は基礎的な要素のひとつだ。マルコは、レッドブルがル・マン参戦に興味を持つのは、F1から撤退した場合に限らないと示唆した。

「F1にコスト制限が課されたら、我々は人員を削減しなければならないだろう」

「我々は必ずしもそれを望んではいない。しかしもしそうなれば、その余剰人員をそういったプロジェクト(ル・マン参戦)に転用することができる」

「ヴァルキリーをベースとしたマシンを使って、手頃なコストでWECを走ることができるように思える」

「レッドブルは、ル・マン24時間を戦ったことはないが、それは我々が考えていることだ」

「経済的な負担は主にアストンマーチンが担うだろう。ル・マンはマニュファクチャラーが競い、賞賛を得るところなのだから、それは明らかだ。しかし、それ(ル・マン挑戦)は我々のコンセプトに当てはまる」

ジュネーブ・モーターショーに出展されたサーキット専用モデル、Aston Martin Valkyrie AMR Pro

ジュネーブ・モーターショーに出展されたサーキット専用モデル、Aston Martin Valkyrie AMR Pro

Photo by: Aston Martin

次の記事
チームメイトの比較を気にしないようにした……リカルドの”苦境”対処法

前の記事

チームメイトの比較を気にしないようにした……リカルドの”苦境”対処法

次の記事

ハース躍進の重要なピース。グロージャン、小松礼雄の”スカウト”を誇る

ハース躍進の重要なピース。グロージャン、小松礼雄の”スカウト”を誇る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell