F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
21 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

ホーナー、“新パルクフェルメ案”を支持?「スマートなチームが有利になる」

シェア
コメント
ホーナー、“新パルクフェルメ案”を支持?「スマートなチームが有利になる」
執筆:
2019/06/20 3:31

レッドブルチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、フリー走行開始前からパルクフェルメルールを適用するという案に、一定の理解を示しているようだ。

 F1では2021年以降、金曜日に行われているふたつのフリー走行のセッション時間を後ろにずらし、セッションが始まる前に車検を行ってパルクフェルメルールを適用するという案が提案されている。

 そうなると、各チームはコースで走行する前の段階で主要なセットアップを確定させる必要がある。この案には、レースに予測不可能性をもたらし、かつチームスタッフが作業を行う日数を減らすという目的がある。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、それらを機能させるためには、パルクフェルメ規定を現在よりも厳格でないものにする必要があると考えている。

「パルクフェルメが最初に導入された時、それは危険にものになるだろうとひんしゅくを買っていた」とホーナーは語った。

「これらを試してみて、うまく機能するかどうか、そしてコストに影響を与えるのかどうかを確かめる必要がある。導入した結果、意図しない結果になるのは避けたいんだ」

「だから、パルクフェルメを完全に厳格なものにするよりも、スプリングとウイングは変更できるようにするべきだと思う。もしホモロゲーション(承認)を受けたパーツを利用することができるなら、それは賢明な解決策に思える」

 現在のパルクフェルメルールの下では、サスペンションのセットアップ変更などは禁止されており、空力調整もフロントウイング以外行うことができない。

 グランプリ期間中にパーツをテストする機会を減らすことで、理論上はチームが開発に多くの資金を投じることを防ぐことができる。

 ただ一方でそれは、各チームがシミュレーション作業とダイノテストに焦点を移すことになるということが予想され、結局はコストが上昇してしまう可能性もある。

 しかしながらホーナーは、年間1億7500万ドル(約189億円)を目標にしていると考えられているコストキャップと、パルクフェルメのルールが連動することで、リソースだけでなくチームとしての能力も重要になってくると考えている。

「よりスマートなチームが常に有利になるだろう」

「F2を見ればわかる。ワンメイクのマシンだが、いくつかのチームのマシンは他よりも速いんだ」

「結局のところ、それに関わっている人たちがどのくらいリソースを注ぎ込めるかにかかっているんだ。F1はそれの究極形だ」

次の記事
F1予算制限策は有効か? ルノー「我々は予算を増やさなければいけないかも」

前の記事

F1予算制限策は有効か? ルノー「我々は予算を増やさなければいけないかも」

次の記事

F1復帰目指すオコン、来季のシート獲得は?「すぐに発表されることを願う」

F1復帰目指すオコン、来季のシート獲得は?「すぐに発表されることを願う」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell