レッドブルからのオファーがあったとアロンソ主張。レッドブルは否定

シェア
コメント
レッドブルからのオファーがあったとアロンソ主張。レッドブルは否定
執筆: Scott Mitchell
2018/08/24 7:52

フェルナンド・アロンソは、ダニエル・リカルド離脱決定後にレッドブルからオファーがあったと語るが、チームはこれを否定している。

 フェルナンド・アロンソは、今季限りでF1を離れることを決めた。発表時のプレスリリースでアロンソは、将来F1に復帰する可能性に含みを持たせていたが、ベルギーGPの木曜日には「おそらくこれでさよならだろう」と語っており、事実上のF1引退宣言と捉えて良さそうだ。

 しかしそのアロンソは、「トップ3チームのひとつからオファーがあった」と発言。しかし「その冒険に加わることはできなかった」とオファーを断ったという。しかもしれがレッドブルだったのかと記者団から尋ねられると、アロンソは「そうだ」と答えた。

 レッドブルは、自らが育成してきたドライバーを昇格させることに拘り、現トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーを起用することを決めた。

 motorsport.comでは、これが事実なのかどうかをレッドブルの広報担当者に尋ねたが、チームはアロンソに対してオファーしていないと語った。

 確かにアロンソの発言は、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーのコメントとも合わない。アロンソがリカルドの後任候補であったかどうか尋ねられた際、「彼は混乱を招く傾向にある」とし、レッドブルにとっては”健康的な選択”ではないと語った。

 アロンソに対して来季シートのオファーをしたことを完全否定するレッドブルだが、10年前は状況が違った。レッドブルは確かにアロンソに接触し、加入の可能性を議論していた。当時のレッドブルは、タイトルはもちろんまだ1勝もしていないチームだった。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは今週初め、当時アロンソから出された要求は”面倒な”モノだったと明かした。

「彼のマクラーレンやフェラーリでの歴史を見てみるといい。それは常にワンマンショーだった」

 そうマルコは語った。

「それは、私たちのチームには合わないのだ」

次の F1 ニュース
DAZNのベルギーGP配信スケジュール。今回も全セッション生配信

前の記事

DAZNのベルギーGP配信スケジュール。今回も全セッション生配信

次の記事

ホンダPUは移籍の決め手にあらず。リカルドの中で燻っていた”何か”

ホンダPUは移籍の決め手にあらず。リカルドの中で燻っていた”何か”
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース