F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

“フェルスタッペンの”レッドブルにベッテルは邪魔? チーム代表、獲得を否定

シェア
コメント
“フェルスタッペンの”レッドブルにベッテルは邪魔? チーム代表、獲得を否定
執筆:
, Grand prix editor
2020/05/21 0:03

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはチーム内にふたりの“船頭”がいることは利益に繋がらないと語り、セバスチャン・ベッテルの古巣復帰について否定した。

 セバスチャン・ベッテルが、2020年限りでフェラーリとの契約を延長しないことが発表されると、F1のドライバー移籍市場の動きが一気に加速することになった。

 空いたフェラーリのシートにはカルロス・サインツJr.が入り、サインツJr.の離脱によって空白となったマクラーレンには、現ルノーのダニエル・リカルドが起用されることになった。

 4度のF1王者であるベッテルは、来季以降のシートが確保されていない状態。彼の移籍先としては、古巣であるレッドブルの可能性も取り沙汰されたが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーはそれを否定している。

 ホーナー代表はチームをリードするドライバーがふたり居ることで上手くいくことはほぼ無いと、その理由を説明している。

「ベッテルの獲得はまずありえないことだと思っている」

 ホーナー代表はSky Sports Newsにそう語った。

「我々はマックス(フェルスタッペン)と長期的な契約を結んでおり、(チームメイトの)アレックス(アレクサンダー・アルボン)もいい仕事をしている。チーム内に良い勢いを持てているんだ」

「(チームを)引っ張っていく人物がふたりいても、あまり上手くいかない傾向があると経験が示している。セバスチャンは依然として競争力のあるドライバーだが、(フェルスタッペンとベッテルの)ふたりの“船頭”をチームに抱えることが利益をもたらすとは思っていないんだ」

「我々は自分たちのドライバーラインアップに満足している。彼に動くための選択肢が不足しているとは思わないが、フェラーリで過ごさないことを選んだんだ」

 トップチームのシートをベッテルが獲得できるかどうかだが、可能性は高いとは言えないだろう。レッドブルは前述のように現在のラインアップに満足しており、メルセデスもルイス・ハミルトンを手放す気配はない。

 ワークスチームではリカルドの移籍によって、ルノーのシートが空いている。しかしルノーは参加のアカデミーから若手ドライバーを乗せたいという考えを、以前示していた。そして現在ではフェルナンド・アロンソを起用するのではないかとも言われている。

 そうした状況を考えるとベッテルの引退も現実味を帯びてくる。ホーナー代表はどう考えているかを聞くと、彼は次のように答えた。

「それは最終的には彼の選択だ」

「彼は30代前半とまだ比較的若い。もし現役を続けることを選んだとしても、当然ながらとても競争力がある」

「それは完全に彼の決定であって、他の誰にもセバスチャンが何を選ぶかはわからない」

「彼には強力な価値があり、とても誠実だ。彼は長く懸命にこれについて考えているだろうと思うよ」

「続けるか辞めるか、どちらを選んだにせよ、彼はF1でのキャリアの中で様々な事を成し遂げてきた。4度の世界王者になり、歴史上でも最も成功したドライバーのひとりなんだ」

 

Read Also:

 

次の記事
ラウダ一周忌……ハミルトン、最初のミーティングを思い出す「ずっと彼を愛している」

前の記事

ラウダ一周忌……ハミルトン、最初のミーティングを思い出す「ずっと彼を愛している」

次の記事

「儲かることが必須!」F1ドイツGP、復活に近づく。”コロナ代打”で存在感

「儲かることが必須!」F1ドイツGP、復活に近づく。”コロナ代打”で存在感
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Luke Smith