F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

レッドブル、新燃料の恩恵でスパ1周0.15秒の利益を期待

シェア
コメント
レッドブル、新燃料の恩恵でスパ1周0.15秒の利益を期待
執筆:
2018/08/25 8:40

レッドブルは、ハンガリーGPで投入されたエクソンモービルの新燃料により、ベルギーGPで1周あたり0.15秒の利益を得ているという。

 レッドブルは、ハンガリーGPで投入したエクソンモービルのアップグレード版燃料の恩恵を受け、ベルギーGPでは1周あたり0.15秒の進歩を遂げたようだ。

 エクソンモービルのグローバルテクノロジーマネージャーであるデビッド・ツルサキはmotorsport.comに対し、今回の可能性について次のように語った。

「速く、そして長いコースでは、我々やチームは、シミュレーションの結果から1周あたり約0.15秒速くなっていると感じている」

「それは巨大な進歩ではないが、チームを助けるために我々ができる、重要な部分だ」

 ハンガリーGPに持ち込まれた改良版の燃料は、ルノーのファクトリーでのベンチテストが早く行えていれば、もっと早い段階で投入できた可能性がある。

 ワークスチームであれば、もっと早く燃料のアップグレードを投入できるのかと尋ねられたツルサキは、次のように説明した。

「我々のプロセスが、彼ら(ルノー)の他の燃料メーカーのプロセスよりも遅いのか、それはわからない。それは彼らに尋ねてみなければならないだろう」

「しかしそのプロセスがより早くなれば、物事を完了させるサイクルがより早くなっていた可能性がある」

「我々の準備は常に整っていた。だからもしルノーがテストする準備が整っていれば、我々は開発作業を行う準備ができていた」

「おそらくレッドブルとルノーの間には、開発時間や物事をまとめる上での不満があったのだろう。もちろん、もっと早く進めることができたかもしれないが、それは我々の責任ではなかった」

次の記事
母国GPなのに……不運続きバンドーン「ノリスと比較する前に信頼性を」

前の記事

母国GPなのに……不運続きバンドーン「ノリスと比較する前に信頼性を」

次の記事

ホンダ田辺テクニカルディレクターに訊く(1):前半戦を振り返って

ホンダ田辺テクニカルディレクターに訊く(1):前半戦を振り返って
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble