”生まれ変わった”フェルスタッペン、テストの重要性を理解

シェア
コメント
”生まれ変わった”フェルスタッペン、テストの重要性を理解
執筆:
2019/02/24 10:02

レッドブルは、今季のマックス・フェルスタッペンが”忍耐力”を示し、”はるかに成熟した”ドライバーになることを期待しているという。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコによれば、レッドブルは今シーズンのマックス・フェルスタッペンがより成熟したドライバーになることを期待しているという。

 以前のフェルスタッペンは、スタート直後にインシデントに巻き込まれることが多かった。しかしモナコGPでクラッシュした後にアプローチを変更し、その後の15レースで10回の表彰台を獲得することになった。

 マルコは、フェルスタッペンが成熟したこと、そしてレッドブルのパワーユニット(PU)がホンダ製に変わったことに満足していると、スカイスポーツF1に語った。

「我々はいくつかの議論を行った。そして忍耐力は、彼が示すだろうことのひとつだ」

 マルコはフェルスタッペンについてそう語る。

「もし勝てないのなら、ポイントを獲るためにレースを終えることは重要だということを、彼は理解した。そうしなければ、チャンピオンシップに勝つことはできない」

「彼は今、成熟している。まだとても若いが、はるかに成熟しているんだ。そして彼は、ホンダ製PUのドライバビリティについても満足している」

「昨年、彼は時々満足していないということをラジオで言ってきた。彼とチームは、今シーズンに向けて自信を持って取り組んでいると思う」

 ホンダのPUは信頼性が向上し、2チームへ供給することになった。そのため、1回目のバルセロナ合同テストでは走行距離を重ねることができた。その周回数は、ルノーやメルセデスを上回るものだった。

 マルコは今回のテストについて、レッドブルとトロロッソにとっては史上最高のテストだと評価している。そしてフェルスタッペンの新たなアプローチが見えたと語った。

「今回のテストに熱心に、そして集中して臨むことで、彼は非常にポジティブな一歩を踏み出した」

 そうマルコは語った。

「以前は、彼にとってテストとは少し退屈なモノだった。彼はテストを、ただの義務としてみていたのだ」

「しかし今では彼は、それはとても重要なことであると理解している。エンジニアたちがクルマを開発するために、彼の意見が重要だということがね」

次の記事
オーバーテイク促進の効果は? リカルド「近づきやすくなった……かも」

前の記事

オーバーテイク促進の効果は? リカルド「近づきやすくなった……かも」

次の記事

ハミルトン、新レギュレーションで筋肉アップ。新トレーニングも採り入れ

ハミルトン、新レギュレーションで筋肉アップ。新トレーニングも採り入れ
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news