バーレーンの二の舞はナシか? フェルスタッペン、中国GPでの改善を予想

シェア
コメント
バーレーンの二の舞はナシか? フェルスタッペン、中国GPでの改善を予想
執筆:
協力: Roberto Chinchero
2019/04/04 11:16

マックス・フェルスタッペンはレッドブルのパフォーマンスがバーレーンGPよりも“悪くならない”と考えている。

 マックス・フェルスタッペンはレッドブル・ホンダと共に2019年シーズンの開幕戦を3位表彰台獲得で彩り、バーレーンGPでは4位入賞となった。だが、バーレーンGPのレースウィークは全体として不満が残るものとなった。

 レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、バーレーンで行われたインシーズンテストを前に、チームがセットアップを改善する“魔法のパスワード”を探していることを認めた。

 フェルスタッペンは次戦中国GPで、マシンが改善されることを期待している。

「ここ(バーレーン)で見せたものより悪くはならない」

 テスト初日を終えたフェルスタッペンはそう語った。

「セットアップの面で、僕らはいくつかのミスを犯していたと思う。開幕戦を振り返ってみれば、僕らはかなり満足していた」

「もちろん優勝したバルテリ・ボッタス(メルセデス)からは20秒遅かった。だけどそのレースでは僕は好きなようにはプッシュして行けなかった。基本的にはマシンに遅くさせられていた」

「僕らはここまでに示してきたものよりも、ずっと良い事ができると思う」

 バーレーンテストは、グランプリ週末よりも涼しいコンディションと、雨による中断があったにもかかわらず、フェルスタッペンは今回のシーズンの序盤でのテストが、レッドブルにとっては良いタイミングだと考えているようだ。

 彼はレッドブルがバーレーンGPを終えて、“何が間違っていたのか”を理解しており、それはリヤのグリップの問題だと明かした。

「常に、より多くのダウンフォースが欲しい」と、フェルスタッペンは言う。

「それは、どうやってマシンバランスを取るかという問題でもある。そしてレースウィークの間、何かが明らかに間違っていた」

「週末に何が上手く行かなかったのかを理解するために、かなりの量の周回をこなしたんだ」

「既に多くの事を学んでいると思う。だからそういった部分で僕はとてもポジティブに考えている」

「レースウィークの間は全てが一瞬で、マシンを理解するために多くの時間は取れない」

「金曜日に1時間半のフリー走行をするだけなのは、素晴らしい事じゃない。だから今日のような1日は本当に助けになるよ」

次の記事
ハミルトン、ベッテルの逆襲を予感「今回はたまたま……非常に小さいミスだ」

前の記事

ハミルトン、ベッテルの逆襲を予感「今回はたまたま……非常に小さいミスだ」

次の記事

フェラーリは誇りに思うべき……バーレーンで劇的敗北のルクレール、問題解決を確信

フェラーリは誇りに思うべき……バーレーンで劇的敗北のルクレール、問題解決を確信
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む