レッドブル・ホンダ、シミュレーションと風洞の”相関関係”を是正? ホーナー代表の期待

2021年用のニューマシン、RB16Bを発表したレッドブル。同チームの代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1マシンのデザインと風洞実験の相関関係のズレに対処することができたと語る。

レッドブル・ホンダ、シミュレーションと風洞の”相関関係”を是正? ホーナー代表の期待

 レッドブルが、2021年用マシンRB16Bを発表した。今季のF1マシンは、新型コロナウイルスに起因する財政的な問題に対処するため、基本的な部分で昨年型を踏襲する必要がある。そのため、シャシーの大部分やサスペンション、そしてギヤボックスなどはRB16と同じモノが使われる。それが、RB16”B”と名付けられた要因だろう。

Read Also:

 同チームのクリスチャン・ホーナー代表はこのニューマシンについて「60%は昨年型と同じ」と以前発言していた。しかし空力面は大きく変わっており、さらにRB16の弱点を生み出していたデザインと風洞実験の相関関係のズレに対処することができたという。

 昨年型RB16は、開幕前のテストで度々スピンするシーンが見られた。シーズンが始まってもそれは変わらず、当初はタイトル争いを繰り広げることが期待されていたものの、メルセデスに大きな差をつけられることになった。

 その後開発を進めた結果、最終的にメルセデスとの差は縮まることになった。ホーナー代表はこの開発が、風洞実験結果における問題の対処により、さらに報われることを期待している。

「昨年の初め、風洞実験の相関関係に苦労した理由を理解するために、とても懸命に努力した」

 ホーナー代表はそう語った。

「シーズンが始まった時、シミュレーションツールが弾き出した数値と風洞の両方で何かが間違っていた」

「それで、2020年に多くのことを学んだ。そして今の課題は、2021年にそれを適用することだ」

 相関関係の問題に完全に対処できたかどうか尋ねられたホーナー代表は、次のように語った。

「私は分からない。マシンが走った時、それが分かるだろう」

「昨年までに、多くのことを理解できたと思う。その一部は、いくつかの部分で限界があった風洞の複雑さであったと思う」

「バーレーンでレースが始まった後、どのような進歩を遂げることができたのか、それを知るのは我々だけだと思うけどね」

 昨シーズン終盤、マックス・フェルスタッペンは、レッドブルの新しいパーツは「実走データに依存している」こと、そして「風洞実験で生み出されるモノがすぐに機能するための方法を見つけなければならない」と不満を語っていた。

 その不満に対してホーナー代表は、レッドブルのアップデートパーツは「かなり高い確率で成功した」と感じていると語った。

「何か新しいパーツがマシンに投入されると、それを使い続けることになるという傾向にあった」

「そしてもちろん、テストから”利益”を得られるようなことはもうない。そのため、グランプリが開催されるサーキット、もしくは仮想世界でコンポーネントをテストする必要がある」

「昨年の初めは、問題を引き継いでしまっていたと思う。そして2020年のシーズンを通じて、その初期の問題をなんとか回復した」

「そしてもちろん、それは我々が2021年に向かうにあたって、学びたいと思っていることだ」

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル・ホンダF1、新車『RB16B』を発表。ホンダの“最後の挑戦”がついに始まる!

前の記事

レッドブル・ホンダF1、新車『RB16B』を発表。ホンダの“最後の挑戦”がついに始まる!

次の記事

アルピーヌF1、エンジンの開発・製造・組み立てを一部メカクロームに委託へ

アルピーヌF1、エンジンの開発・製造・組み立てを一部メカクロームに委託へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Alex Kalinauckas