F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

メルセデスの連勝を止めたレッドブル・ホンダ。”予想外”の勝利に驚き

シェア
コメント
メルセデスの連勝を止めたレッドブル・ホンダ。”予想外”の勝利に驚き
執筆:
2019/07/04 10:26

レッドブルとホンダは、”ほとんど完璧”だったメルセデスの連勝を止めて、今季初優勝を飾ったことに驚いているという。

 F1第9戦オーストリアGPは、マックス・フェルスタッペンがオーバーテイクを連発し、優勝を飾った。昨シーズンから続いていたメルセデスの連勝は10でストップした。

 同一チームの最多連勝記録は、1988年にマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナとアラン・プロストが記録した11勝であり、メルセデスはそれに迫っていたのだ。

 オーストリアGPはレッドブルのホームレースであり、今回のレースには倉石誠司副社長など、ホンダの幹部が複数人訪れ、レッドブルと今後の中期的なプロジェクトに関する議論を行っていた。そんな中での勝利は、実に”タイムリー”なものだった。

 今季から提携をスタートしたレッドブルとホンダは、開幕戦のオーストラリアでフェルスタッペンが3位表彰台を獲得する好スタートを切った。しかし、メルセデスが勝利を譲らず、新しいパートナーシップの成功は制限された。

 フェルスタッペンはモナコGPの決勝を2番手で終えたものの、ペナルティで4位に降着。このため、8戦を終えた時点で表彰台獲得は2回にとどまっていた。

 オーストリアGPを前に、ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、当初考えていたよりも厳しいシーズンになっていると認めた。

「私たちは、もっと良い形でシーズンをスタートできると予想していました」と、山本はフランスでmotorsport.comに語っていた。

「メルセデスは改善してきましたし、弱点もありません。シャシーやエンジン、ドライバーも素晴らしいですし、マネジメント陣もそうです。ほとんどパーフェクトです」

「私たちは、メルセデスがこれほど大幅な改善をしてくるとは予想していませんでした。私たちの予想とは少し違っていたんです」

 ところが、完璧だと思われていたメルセデスがほころびを見せたのが、オーストリアだった。マシンの基本設計の段階で冷却能力が低く、気温が35℃まで上昇したオーストリアでは、出力を落として走行せざるを得なかったのだ。

 この弱点を利用しメルセデスの連勝を止めたのは、バーレーンやカナダで惜しくも勝利を逃したフェラーリではなく、レッドブル・ホンダだった。

 レッドブルもホンダも、夏休みまでに勝利することを目標にしていたものの、メルセデスの失速で思わぬ勝利を手にすることになった。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーに、フェラーリよりも先に勝利したことに驚いているかと訊くと、彼は次のように答えた。

「もし数レース前にそう言われたら、絶対に驚いていただろう」

「(2018年の)メキシコGPで勝ったマックスは、メルセデス以外で最後に勝った男だ。そして、今年初めてメルセデスを倒した男でもある。これは驚異的な成果だ」

 ホンダは、前戦フランスGPですでに今季2回目となるアップデートを実施。こうした進歩もあって、フェラーリやメルセデスとの差を少しずつ縮めている。

 ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、これまでのレースを踏まえ、オーストリアGPの結果は予想できなかったと話した。

「これまでのレースでは、メルセデスのマシンが非常に強いのを見てきました」

「私たちがフェラーリと争う時もありましたが、(オーストリアでは)我々のパフォーマンスが最も強力でした。少し驚いています」

 今回のレースの結果、フェルスタッペンはフェラーリのふたりを上回り、ドライバーズランキングで3位に浮上している。

次の記事
オーストリアGP、注目のチームラジオ集

前の記事

オーストリアGP、注目のチームラジオ集

次の記事

レーシングポイント、夏休み前の大型アップグレードで中団勢を出し抜けるか?

レーシングポイント、夏休み前の大型アップグレードで中団勢を出し抜けるか?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell