F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

アルボン、クラッシュもマシンに好感触。フェルスタッペンも「ポジティブな1日」

シェア
コメント
アルボン、クラッシュもマシンに好感触。フェルスタッペンも「ポジティブな1日」
執筆:
2020/08/01 0:41

F1イギリスGPの初日、レッドブルはアレクサンダー・アルボンがクラッシュしてしまったが、ドライバーは両名ともマシンの進歩を感じており、ポジティブな1日だったと語った。

 F1第4戦イギリスGPの初日走行がシルバーストン・サーキットで行なわれ、レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンがFP1でトップタイム、アレクサンダー・アルボンもFP2で2番手タイムと好スタートを切った。

Read Also:

 レッドブルはイギリスGPへいくつかのアップデートを持ち込んでいるが、それがマシンのフィーリングを良い方向へと変化させているようだ。

 またアルボンはFP2の中盤、ストウ・コーナー(ターン15)でコースアウトし、バリアへクラッシュするシーンもあった。20Gの衝撃を受けたアルボンはメディカルチェックへ向かったが、その後問題のないことが確認された。

「チームとして、確実にステップを踏めたと思う」と、アルボンはイギリスGP初日の走行を振り返った。

 曰く、投入された新パーツがマシンのフィーリングを良い方向へ変えてくれたという。

「マシンのフィーリングは良い。正直に言えば、僕は金曜に向けてはもう少し悪い方に予想していたんだ」

「だけどFP1で最初に走らせた時から、すぐに手応えを感じることが出来た。だから良い感じに思えるね。当然、メルセデスはまだ多くのポテンシャルを隠していると思うから、明日どうなるか見てみよう。でもマシンは良いバランスだと感じられているよ」

 チームメイトのマックス・フェルスタッペンも初日は悪くない1日だったと述べており、マシンは良くなってきていると語った。

 なおFP2でフェルスタッペンは14番手と目立つタイムは記録しなかったが、これはアタックに向かう際、コース上のロマン・グロージャン(ハース)を避けるために減速を余儀なくされたためだ。

「僕らとしても、悪くない1日だった」と、彼は語った。

「マシンは良くなってきていると思う。だからそれには満足している」

「まだまだ改善できることはあるから、そこに取り組んでいくつもりだ。ただロングランではかなり良い感じだったから、全体としてはとてもポジティブな1日だったよ」

 

Read Also:

急遽F1復帰のヒュルケンベルグ、決定までの24時間は「クレイジーでワイルド」

前の記事

急遽F1復帰のヒュルケンベルグ、決定までの24時間は「クレイジーでワイルド」

次の記事

あなたが考えるF1“歴代最強”のドライバー・チームは? スポーツナビで投票受付中

あなたが考えるF1“歴代最強”のドライバー・チームは? スポーツナビで投票受付中
コメントを読み込む