レッドブルF1、予算制限への対応は”重要なチャレンジ”。しかし「うまく対応できた」と満足語る

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、2021年からF1に導入された予算制限を満たすのは、チームにとって”重要なチャレンジ”だったと語るが、うまく受け入れることができたと感じているという。

レッドブルF1、予算制限への対応は”重要なチャレンジ”。しかし「うまく対応できた」と満足語る

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2021年からF1に導入されることになったチームの年間活動予算上限額を制限する”ファイナンシャル・レギュレーション”について、その制限額を満たすのはチームにとって非常に難しいことだったが、うまく対応することができたと考えているようだ。

 F1は2021年シーズンから、年々増加の一途を辿っていたチームの活動予算を抑え、さらにチーム間の格差を縮めるために、”ファイナンシャルレギュレーション”を導入。選手権の歴史上初めて、厳しい予算制限の下で、各チームは活動することになる。

 当初2021年シーズンの予算上限額は、1億7500万ドル(約190億円)になる予定だった。しかし2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響により各チームの収入が大きく低下し、経済的な打撃を受けることになった。これを受け予算上限額も1億4500万ドル(約150億円)に引き下げられることになった。さらに来シーズン以降も段階的に上限額が引き下げられることになっている。

 一部のチームは、当初からこの予算上限以下の額で活動していたため、大きな影響は受けなかったが、メルセデス、レッドブル、フェラーリのトップ3チームは、この上限額を超えないように大幅に支出を削減する必要があった。

 これについてレッドブルのホーナー代表は、予算制限に対応することはチームにとって重要なことであると説明したものの、様々な過程をより効率的にすることに重点を置いていたと語った。

「とても大変なチャレンジだったが、この組織全体が非常によく反応したと思う」

 ホーナー代表はそう語った。

「今回のことは、これまでのF1チームが対応できていなかった、効率性を取り入れるということだった。このチャレンジは非常に重要なことであり、今も進行中だ。しかし、チームはこれをうまく受け入れたと思う」

「我々は、コンポーネントを外部に委託しないという観点から、チーム内部の能力に従って効率化を推進した。そして、非効率な部分は大幅に削減できたと思う。しかし達成するのは挑戦的なことであり、そこに辿り着くまでの挑戦を続けていくことになる」

「しかしこれはF1の規律として、間違いなくコストに重大な影響を及ぼすだろうと思う」

 複数のF1チームは、予算の上限額を満たすために人員を再編成し、技術を応用した新たなプロジェクトを立ち上げたり、カスタマーチームとのプロジェクトを強化して、新たな雇用を創出しなければならなかった。

 マクラーレンF1のアンドレアス・ザイドル代表は、できるだけ多くの仕事を生み出し、チームを同じ規模に保ち、そして効率化を進めるためにどう集中してきたのかを説明した。

「マクラーレンのようなチームにとって、将来に向けて持続可能性が強化され、しかも競争を活発にするという意味で、この予算上限策を歓迎したことは言うまでもない」

 そうザイドル代表は語った。

「我々にとっても、コストを削減しなければならないということを意味していた。そのためチームのメンバーは、この予算上限の導入に備えるために、これまでの12ヵ月間とても懸命に働いてきた」

「集中していたことは明確だ。我々はできるだけ多くの仕事を守りたいと思っている。チームの規模も守りたいと思っている。結局最終的には、このスポーツでは“人”が違いをもたらすからだ」

「そのため、どこでコストを節約できるのか、そしてより効率的な方法で物事を行なう方法を見つけることに、真剣に取り組んだ。まだまだその作業は進行中だが、我々が実施することができたステップには、本当に満足している」

「チームとしては準備ができていると感じているし、予算上限策が実施されるのを楽しみにしている。このレギュレーションは、隣にいる多額の予算を使うチームとの平等な戦いの場に、我々を連れていってくれるということになるだろうからね」

 

Read Also:

シェア
コメント
次なるハミルトンを探せ!? マクラーレン、13歳のカート王者ウゴチュクと契約締結

前の記事

次なるハミルトンを探せ!? マクラーレン、13歳のカート王者ウゴチュクと契約締結

次の記事

レッドブルは最有力候補にあらず。メルセデスより“強い”という予想は「馬鹿げている」とフェルスタッペン

レッドブルは最有力候補にあらず。メルセデスより“強い”という予想は「馬鹿げている」とフェルスタッペン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Luke Smith