エナジードリンク企業”風情”と争うのは「癪に障るだろう」巨人メルセデスにレッドブルが最後の皮肉

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、メルセデスが”エナジードリンクメーカー風情”に負けそうになっていることについて「癪に障るだろう」と挑発している。

エナジードリンク企業”風情”と争うのは「癪に障るだろう」巨人メルセデスにレッドブルが最後の皮肉

 F1の2021年シーズンは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのルイス・ハミルトンが、最終戦に同ポイントで挑むという、F1史上でも類を見ない激しさとなっている。

 メルセデスは現在ダブルタイトルを7連覇しており、近年のF1で彼らをここまで追い詰めたのは、レッドブルが初めてと言えるだろう。

 当然、彼らの間にはレースが進むにつれて緊張が漂い、口撃や政治的な争いも激しくなっていった。

Read Also:

 最終戦を前に、両チーム代表が健闘を願って握手を交わすなど、若干の緊張緩和は見受けられたが、それでもレッドブルとメルセデスの間にはバチバチとした火花が飛び交っていることは明らかだろう。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、メルセデスからの”反発”の一端には、彼らの世界的な自動車メーカーとしての自負と、レッドブルが”単なるエナジードリンク企業”ということがあると見ている。

「メルセデスのグローバルな広がりからも、彼らが世界的な自動車会社であることに疑いはない」と、ホーナー代表は言う。

Christian Horner, Team Principal, Red Bull Racing

Christian Horner, Team Principal, Red Bull Racing

Photo by: Erik Junius

「世界中のメディアに対して発揮できる力を考えると、我々などは比較にもならないだろう」

「ルイス・ハミルトンが実際に話していたように、我々は”単なるエナジードリンク企業が”レースをしているにすぎない」

「メルセデス、そしてメルセデスF1チームは過去7~8年間の支配を築いた期間に、”目的のための機関”になったと思う。言うまでもなく、彼らには親会社の力や重みがある」

「大手自動車メーカーが、エナジードリンク企業に打ちのめされることは、癪に障るだろうと思うよ。決して楽な立場ではないだろう。我々もそれは理解できるし、それは明らかだ」

「しかし我々は”レーサーのチーム”であり、レースをしている。今年、我々には心を熱くする驚異的なドライバーがついている」

 こうしたホーナー代表の最終戦を前にした盤外戦術に対し、メルセデスのトト・ウルフ代表はレッドブルのことはライバルとして尊敬していると、答えている。

 ”エナジードリンク企業”との戦いについて訊かれたウルフ代表は、次のように語った。

「私が話したことではないしし、そういった事を言うつもりもない。私は飲料メーカーとしてのレッドブルを尊敬しているし、レーシングチームとしての彼らも尊敬してる」

「だからこそ、私は彼と歩み寄ったんだ。彼らとは何の敵意も持たずにレースをするべきだと思っているからだ。彼らのマシンは予選で速かったのは間違いない。その敗北を全員で受け止めるつもりだ。そして、レースでどうなるか見てみよう」

 なおホーナー代表はその他にも、フェルスタッペンに対する”マッド・マックス”というレッテルなどはメルセデスがメディアを利用してかけているプレッシャーだともコメントしていた。

 ウルフ代表はその点について「何故そんなことを言うのか分からない」と否定。オーストリアのジョークを引き合いに出しつつ、物事をより広い視点で見るべきだと語った。

「オーストリアにはゴースト・ドライバー(高速道路を逆走するクルマのこと)についてのこんなジョークがある」

「ラジオからは、こう警告が出されるんだ。『アテンション、アテンション、ハイウェイNo2にゴースト・ドライバーが1台います』とね。そして”ゴースト・ドライバー”は『1台? 何百台もいるじゃないか!』と、そう言うんだ」

「つまり、私は彼らの言う”メディア・マシーン”も、同じ物だと思う」

 
Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、今季のタイトル争いは”チームメイト対決”の2016年と比べ「100万倍ハッピー」
前の記事

ハミルトン、今季のタイトル争いは”チームメイト対決”の2016年と比べ「100万倍ハッピー」

次の記事

メルセデス代表、最終戦でのF1チャンピオン争いは“泥仕合”にはならない「今言えるのは、我々は戦い続けるということだけ」

メルセデス代表、最終戦でのF1チャンピオン争いは“泥仕合”にはならない「今言えるのは、我々は戦い続けるということだけ」
コメントを読み込む