【英国F1レポーターが角田裕毅を分析】角田を起用しなかったのは、レッドブルにとっては大きな損失……でもRBにとっては最大の利益だ!

RBとの契約を1年間延長することになった角田裕毅について、英国のF1レポーターが解説。このまま成長を続けていけば、来年にはレッドブルはもちろん、他のチームにとっても無視できない存在になるはずだと分析した。

Yuki Tsunoda, Visa Cash App RB F1 Team

角田裕毅 Visa Cash App RB F1 Team

写真:: Red Bull Content Pool

 今季大躍進を遂げている角田裕毅。レッドブル昇格待望論もあったが、結局は来季もRBにとどまることになった。しかしこのことは、RBにとって大きな利益になるかもしれない。

 2021年に20歳という若さでF1デビューを果たした角田。しかし当初は、速いが不安定、そして短気なドライバーという評価だった。彼の無線の発言は罵るような言葉が多く、それはそれで話題となった。

 とはいえ、遅いドライバーを速くするよりも、速いドライバーを落ち着かせる方がよっぽど簡単だというのは、昔からモータースポーツの世界では散々言われ続けてきたことである。そのためチーム、そして角田を若い頃から育ててきたホンダは、彼がバランスの取れたレーシングドライバーに成長するのを支え続けた。

 その結果2023年には、競争力の乏しいマシンを走らせるしかなかったものの、キャリア最高のシーズンを過ごした。マシンの戦闘力が向上したシーズン終盤には、ラップリードを記録したり、ファステストラップを獲ったり、あるいはドライバー・オブ・ザ・デイに選ばれたりと、輝きを見せた。

 この2023年限りで同チームの代表を退くことになったフランツ・トストは常々、「若いドライバーが今のF1に適切に適応するには、3シーズン必要だ」と言ってきたが、それが正しかったことを証明したのだ。

 2024年、前年までアルファタウリと呼ばれていたチームは、RBと名称が変更。そして角田は、F1通算8勝とはるかに経験豊富なチームメイト、ダニエル・リカルドでさえ追いつけないレベルにたどり着いたようだ。

 2024年の角田は、開幕直後から安定して予選Q3に進出。カナダGPまでの9戦で5回の入賞を果たしている。カナダではコンディションがウエットからドライへと変わっていくなかでコースアウトし入賞を逃すことになったが、今ではそのミスも逆に「珍しいこと」だとみなされるほどになった。

 しかしパフォーマンスのレベルが明らかに向上しているにもかかわらず、レッドブルは角田を昇格させようとはしなかった。セルジオ・ペレスが優れた走りを見せられなかった場合の交代要員は、角田の成績に明らかに劣っているリカルドであるとされ、RBに加入させたのもそのためであった。

 そしてレッドブルは実際に、ペレスとの契約を2年延長させた。しかしペレスはここ数戦大苦戦。イモラ、モナコ、カナダと後方を走るレースが続き、今ではドライバーズランキング5番手に後退してしまっているにも関わらずだ。これを考えると、角田のキャリアは、彼の手に負えない理由で停滞してしまっていると言える。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team

Yuki Tsunoda, RB F1 Team

Photo by: Red Bull Content Pool

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、角田がマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして、彼が望むような穏やかで調和の取れた存在になれるとは確信していないようだ。

 一方でレッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、角田の成長には予想より時間がかかったものの、将来昇格する可能性を残している。

「彼は今のようなパフォーマンスを続けていかなければいけない。その後、将来がどうなるかを見てみよう」

 マルコ博士はmotorsport.comのインタビューにそう語った。

「彼は非常に良い形で成長している。我々が予想していたよりも少しばかり遅かったが、彼は今やトップドライバーだと言えるだろう」

「ユウキが安定して速く、感情をコントロールできているのは、今シーズンが初めてだ。それは、かつて最大の問題だったのだ」

「フェアに言えば、彼には常にスピードの”閃き”があった。今年は中国を除けば、彼は安定して速い。それにより、彼の評価は変わってきている」

 当の角田は、ペレスが契約を2年延長したことについて尋ねられた時、少し苛立った様子に見えた。そしてその日はRBとの契約延長が発表される前日だった。

「もちろん、僕はレッドブルにかなりコミットしています。彼らからも、もう少しコミットが得られると良いなと思ってます」

 当時の角田はそう語っていた。

「話し合いは続いていますし、まずはレッドブルと意見が一致していることを確認したいと思います。その後は様子を見るつもりです。でも、RBには満足していますよ」

「この2年、彼(ペレス)はパフォーマンスを発揮しなければいけないでしょう。こういう環境では、何が起きてもおかしくはないです」

「彼にはおめでとうと言いたいですが、僕は自分のやっていることに集中し、自分のことを証明し続けるだけです」

「レッドブルが、僕の成長と潜在的なパフォーマンスをもっと見てくれるといいなと思います。もしかしたら、将来的には何かが変わるかもしれません」

 角田の2025年の運命は、レッドブルの手に委ねられていた。そしてそのレッドブルは、彼を傘下に置いておくため、現契約に付与されていたオプション条項を行使した。

 ただ角田にとっても、レッドブル・グループ以外の選択肢を取ることになった場合、他のパワーバランス次第という部分も大きい。

 角田はアウディが獲得を狙っているのではないかという噂もあった。ただそれも、アウディがカルロス・サインツJr.をはじめとした、他の候補を獲得できなかった場合に限られるという状況だった。

 またホンダとの繋がりを活かして、アストンマーティンと結びつく可能性も指摘された。ホンダは2025年限りでレッドブル・グループと袂を分ち、アストンマーティンにワークスPUを供給することが決まっているからだ。ただ角田がアストンマーティン入りするためには、ランス・ストロールがF1キャリアを終えるという決断を下さなければならない。そして現時点では、そうなる可能性は実に低い。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

Photo by: Andy Hone / Motorsport Images

 今季のRBは、開幕直後こそ苦しんだものの、レースを戦う度に戦闘力を上げているように見える。最近では、アストンマーティンと互角に戦っている場面も少なくない。そういうことを考えれば、角田にとって最善の選択は、RBにとどまることだったと言うこともできるだろう。

 RBはこれまで(トロロッソ時代、アルファタウリ時代)のようなレッドブルのBチームという存在価値ではなく、それ以上のモノになろうとしている。その結果、育成枠出身のドライバーだけでなく、リカルドのようなベテランも起用することになった。ただ、角田はそのリカルドを圧倒……チームとしては喜んで輪の中心に置くことができる、経験豊富なドライバーに成長したようだ。

 チーム代表を務めるローレン・メキーズは、角田をしっかりと確保しておくこそことが、今やRBにとっての「プロジェクトの鍵」になっていると語った。

「彼は今年、驚異的な成長を遂げている。それは我々の期待をはるかに超えたモノだ。我々は彼の成長を期待していたんだけど、4年目にしてこれほどまでに大きな変化を遂げたということは、ペースはもちろん、マシンを降りた時もとても印象的なのだ」

「成熟しただけではない。純粋なスピードも段階的に向上し、エンジニアとの対話も向上している。落ち着きに関してもそうだ」

Laurent Mekies, Team Principal, RB F1 Team,  Alan Permane, Racing Director RB F1 Team

Laurent Mekies, Team Principal, RB F1 Team, Alan Permane, Racing Director RB F1 Team

Photo by: Red Bull Content Pool

「そういうのを目の当たりにするのは、素晴らしい気持ちだ。そして、我々は自身にも問いかけるべきことがある。それは『彼にはあといくつ、そういう”段階”が残っているのだろうか?』ということだ」

「我々はチームとして、彼がもっと成長できる環境を確実に作り上げなければいけない。それが今後数ヵ月、そして来年の我々の課題だ。彼との契約を継続することは、このプロジェクトにとって極めて重要であり、今や当然のこととなった」

 メキーズ代表は、レッドブルに重用されることがなかった角田の苛立ちを理解できるとしながらも、角田がこのペースで成長を続けていけば、来年にはレッドブルはもちろんライバルチームにとっても「無視できない存在」になるかもしれないと認めた。

「彼はレッドブルのドライバーだ。だから、レッドブル・レーシングに昇格するという野心を持つことは、当然必要なのだ」

 そうメキーズは続けた。

「彼にはその野心があり、それを証明するためにできることを全てやっている。彼は野心的だし、我々も野心的だ。我々はお互いのことを刺激し合っている」

「来年も彼が同じように活躍すれば、誰にとっても無視できない存在になるだろう」

 レッドブルにとっては、角田を起用しなかったことは、損失である可能性がある。しかしその損失は、RBにとっては利益となる。レッドブルはまだ、角田のことを完全には信頼できていないのかもしれない。しかし現在の所属チームであるRBは、間違いなく角田のことを信頼している。

 

前の記事 ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
次の記事 ピレリ、ムジェロでF1タイヤテストを実施。初日はルクレールがフェラーリの今季マシン走らせる

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本