レッドブル、2021年のタイトル争いのためには「よりオールラウンドなマシンが必要」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、タイトルを巡って王者メルセデスに挑戦するために、2021年はよりオールラウンドなクルマを作る必要があると語った。

レッドブル、2021年のタイトル争いのためには「よりオールラウンドなマシンが必要」

 レッドブルは、最終戦アブダビGPでマックス・フェルスタッペンが優勝するなど、強力な形で2020年シーズンを締めくくった。

 しかしシーズン序盤は、今季のマシン『RB16』のトリッキーなバランスに苦労することも多かった。こうした問題もあり、レッドブルはメルセデスのダブルタイトル7連覇を止めることは出来なかった。それでも、マシン開発と空力特性の問題解決に取り組んだことで、レッドブルはシーズン終盤に向けてメルセデスとの差を縮めていったのだ。

Read Also:

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームとしてはシーズン序盤よりもはるかに良い状態でシーズンを締めくくることが出来たものの、2021年のマシン『RB16B』はあらゆるタイプのコースでメルセデスと戦えるようにする必要があると語った。

「マシンはかなり改善されたと思う」

 ホーナーは、2020年シーズンの進歩を振り返ってそう語った。

「何が問題なのかを理解できたと思うし、来年に向けてさらに問題を解決できると思う」

「我々には、様々なサーキットでパフォーマンスを発揮するマシンが必要だ。メルセデスはそこが得意なんだ。2021年はその点で強くなる必要がある。特にカレンダーが23戦もあるから、あらゆるタイプのサーキットに強くなければならない」

「だがアブダビのようなサーキットで、パフォーマンスを発揮することができたのは、冬に向けて非常に励みになると思う」

 新型コロナウイルスへの対応として、F1は2021年までシャシー開発を凍結。チームは基本的に2021年も2020年と同じマシンを使用しなければならない。しかし空力開発は認められており、チームはふたつの開発トークンを使って限られたエリアを改善することができる。

 レッドブルは2021年のマシンが2020年のマシンから60%ほどのコンポーネントを引き継ぐとしている。シーズン序盤に出遅れる傾向にあるレッドブルにとって、開発凍結は安定性という面で後押しになると見られている。

「来年は最初からやり直すわけじゃない。だから、そう(最終戦の勢いを継続する)なることを願っている」

 そうホーナーは語った。

「マシンの大部分は持ち越されることになる。だから今回行なったアップグレードが、数ヵ月後にバルセロナでテストをスタートする位置ということになるだろう」

Read Also:

シェア
コメント
コーナーに”バンク”がないから、アブダビGPは退屈? オコンの提言

前の記事

コーナーに”バンク”がないから、アブダビGPは退屈? オコンの提言

次の記事

”鉄人”ザナルディ、4度目の手術乗り越え「声かけに手を動かし反応」との報道

”鉄人”ザナルディ、4度目の手術乗り越え「声かけに手を動かし反応」との報道
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble