F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

レッドブル・ホンダ、シャシー問題は解決か。次は”トップスピード”が必要?

シェア
コメント
レッドブル・ホンダ、シャシー問題は解決か。次は”トップスピード”が必要?
執筆:
協力: Edd Straw
2019/04/17 3:30

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、中国GPでのペースをみて、シャシーが抱えていた問題は解決したと考えている。

 シーズン開幕からの2戦で、セットアップに苦しんでいたレッドブル。だがチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、中国GPのペースから考えて、その問題は解決できたと判断している。その上で、ライバルたちに主に劣っているのはトップスピードだと考えているようだ。

 オーストラリアGPとバーレーンGPでは、セットアップが決まらず”じゃじゃ馬”のようにバランスの悪いマシンで苦戦していたレッドブル。バーレーンGP後のインシーズンテストで、その問題の理解に取り組んでいた。

 テスト後に行われた中国GPでは、これまで結果が出ていなかったピエール・ガスリーが6位。マックス・フェルスタッペンがフェラーリの2台に割って入る4位を獲得した。

 ホーナーは今回のパフォーマンスが、チームがマシンの持つポテンシャルをより多く引き出すことで成し遂げた進歩の証拠であると話した。

「間違いない。我々はバーレーンから一歩前進したし、今週末は間違いなく競争力があった」

「特にセクター1とセクター2で調子が良かった。セクター3ではまだやるべきことが残っているが、アップグレードがすぐにあるので、それが助けになるだろう。そういう面では、前向きな週末だった」

 上海インターナショナル・サーキットのセクター3は、1.2kmのバックストレートを含むパワーが大きく影響する区間だ。これまでの戦いではシャシーが足を引っ張っていたものの、レッドブルはエンジンパートナーであるホンダに、さらなるパワーアップを求めていると言える。

 また、レッドブルのライバルであるフェラーリとメルセデスは、より攻撃的なエンジンモードを使用しており、その面でもホンダの進歩を期待している。

「彼ら(フェラーリとメルセデス)はエンジンモードの面で良くなっていると思う。我々も間違いなく役に立つモノを準備しているところだが、他のチームも止まっているわけじゃない」

「進化することが重要だ。我々の今年の目標はメルセデスとフェラーリとのギャップを埋めることだった。そして、我々はそれを実行している」

「フェラーリの2台に割って入ったし、確かにメルセデスのペースに近づいていた。これからシーズンの中間点まで、その差は変化していくだろう」

 中国GPでは、フェルスタッペンがシャルル・ルクレール(フェラーリ)を上回った。しかしホーナーはこの結果について、マシンのパフォーマンスというよりも戦略の影響が大きいと語った。

「我々がフェラーリよりも速いマシンを持っていたとは思わない。だから、彼らのうち最低でも1台を倒す最善の方法として、2ストップ戦略を選んだ」

「それから、セバスチャン(ベッテル)はピットウォールとの間でピットストップするかどうか議論していたが、結局彼らはピットに入った。メルセデスも彼をカバーしなければならなかった」

「ルクレールは少し可哀想な状況になった。だから我々にとっては4位が最大限の結果だった」

次の記事
まるで止まっているかのよう……ラッセル、他チームとのバトルには興味なし

前の記事

まるで止まっているかのよう……ラッセル、他チームとのバトルには興味なし

次の記事

メルセデス、1992年ウイリアムズ以来の快挙達成も、”独走”はできない?

メルセデス、1992年ウイリアムズ以来の快挙達成も、”独走”はできない?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble