F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

レッドブル、ホンダと組む第1号機『RB15』を2月13日に発表

シェア
コメント
レッドブル、ホンダと組む第1号機『RB15』を2月13日に発表
執筆:
2019/02/04 10:29

ホンダのパワーユニットを搭載するレッドブルの新車RB15は、2月13日に発表される。

 レッドブルは、2月13日(水)に2019年のF1マシン『RB15』を公開すると公式ツイッターで発表した。

 だが、レッドブルは「2019年の”チャレンジャー”を公開する」という以上の詳細を明かしていない。

 昨年のRB14は、例年バルセロナで行われるオフシーズンテストの前に、プロモーションイベント用に走行が許可されるフィルミングデーを活用しシルバーストンでシェイクダウンを行った。

 同日、特別専用カラーの新車イメージを公開。1週間後にバルセロナテストの際には、シーズン中に使用する公式カラーリングを纏ったマシンを走らせた。

 2019年もレッドブルは同様の戦略を使うことで、新しいエンジンパートナーであるホンダのパワーユニットを試すことができるだろう。

 フィルミングデーは走行が100kmに制限され、デモンストレーションタイヤの使用が必須であり、活用できるデータは少ない。しかし、公式テストを前にマシンの動作を確認することができる。バルセロナで計8日行われる貴重なテストで走行距離を制限しうる問題を、早めに見つけることもできるかもしれない。

 2019年に入って、ホンダがパワーユニットの設計においてトラブルに見舞われているという報道もあったが、これらはかなり誇張されたものだと考えられている。

 現時点で、ウイリアムズだけが2019年マシンの発表が未定のまま。また、ハースは2月7日に新カラーリングを発表するとしているが、新車の発表日程については明かしていない。

■2019年F1マシン発表スケジュール

2月7日:ハースF1カラーリング発表
2月11日:トロロッソ新車発表
2月12日:ルノー新車発表
2月13日:レッドブル新車発表、メルセデス新車発表&シェイクダウン、レーシングポイント新車発表
2月14日:マクラーレン新車発表
2月15日:フェラーリ新車発表
2月18日:アルファロメオ新車発表
2月18日〜21日:合同テスト1回目
2月26日〜3月1日:合同テスト2回目

次の記事
ギャラリー:レッドブルのF1マシン全14台(2005〜2018)

前の記事

ギャラリー:レッドブルのF1マシン全14台(2005〜2018)

次の記事

ハートレー、フェラーリのシミュレータードライバーに就任

ハートレー、フェラーリのシミュレータードライバーに就任
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell