2020年はタイトル獲得が目標。レッドブル・ホンダ「もう言い訳はできない」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダの2020年用マシンの開発が、2週間早まっていると明かすと共に、タイトルへ挑むために言い訳はないと語る。

2020年はタイトル獲得が目標。レッドブル・ホンダ「もう言い訳はできない」

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年にタイトル獲得を目指すため、レッドブル・ホンダの2020年用マシンの開発は、1年前よりも2週間ほどスケジュールを早めて進行されていると示唆した。

Read Also:

 レッドブルは、2019年からホンダ製のパワーユニットを搭載した。シーズン序盤はメルセデスやフェラーリに対して遅れを取ったものの、徐々にパフォーマンスが向上。マックス・フェルスタッペンが合計3勝を記録した。

 ホンダは、2019年のシーズン中に大きな進歩を果たし、レースではメルセデスやフェラーリに十分挑めるようになった。そして予選パフォーマンスにおいても、ライバルメーカーに対する遅れを着実に縮めている。

 同チームのモータースポーツ・アドバイザーであるマルコは、今週レッドブルの運営するServusTVに登場。2020年シーズンに向けて次のように語った。

「来年は、言い訳することなどできない。我々は初めて、通常のスケジュールよりも2週間早く、開発を進めることができている」

「我々はこれまで以上に優れたコンセプトを手にした状態で、新年を迎えることになる。今、ついに(タイトルに挑むという目標を)実現する時が来たのだ」

 今シーズン初めは、ホンダのPUがライバルに対して劣っていただけではなく、シャシーの面でもメルセデスやフェラーリに追いついてはいなかった。しかし、前述の通りホンダが積極的な開発を実現したこと、そしてレッドブルのマシンの空力パフォーマンスが改善されたことにより、オーストリアGP以降のほとんどのレースで、上位を争うことができるようになった。

 フェルスタッペンはシーズン終了後に行なわれたFIAの表彰式で、力強い形でシーズン開幕を迎えることこそが、来季のレッドブルに必要だと語っていた。

 マルコは、ホンダとフェルスタッペンの両方が最高の状態にあると話し、レッドブルが2019年に苦しんだ問題を、再び繰り返すことは避けなければいけないと主張した。

「通常ならば我々は、スペインGPの頃には競争力を手にできている」

「しかし今年は、もっと時間がかかってしまった」

 2018年、ルノーのパワーユニットを使っていたレッドブルは、シーズン5勝を挙げた。これを上回ることが2019年の目標であると当初マルコは語っていたが、メルセデスがモナコやハンガリーで予想外の強さを見せたこと、そしてフェラーリがシンガポールで”驚き”の勝利を収めたことなどがあり、前述の通り3勝止まりだった。

「我々が勝ったのは3レースだけだった。そのことは少し残念に思っている」

「6勝は無理だったとしても、5勝はできた可能性がある」

 月曜日の欧州時間夜に配信されたServus TVの番組には、マルコと共にフェルスタッペンも登場。「もちろん、1シーズン中にもっと多くのレースに勝ちたい」と語った。

「シーズンの初めから、チャンピオンを狙うための戦いができることを願っている」

 フェルスタッペンは現在(2019年末時点で)22歳。レッドブルとの契約は、2020年限りとなっている。もしレッドブルがタイトルを争うことができなければ、チームを離れる可能性もあると言われている。

「僕は本当にポジティブに思っているよ」

 そうフェルスタッペンは語った。

「レッドブルはとても居心地が良いし、全てのことが本当に上手くいっている。結果的にはそれが一番重要なんだ」

「僕らは皆、共にレースに勝ちたいと思っている。僕はリラックスしているし、本当にこのチームにいることは気分が良いんだ。レッドブルと共に、僕は勝ちたいね」

Read Also:

シェア
コメント
トロロッソ改め……アルファタウリ・ホンダの2020年マシン、2月14日に公開

前の記事

トロロッソ改め……アルファタウリ・ホンダの2020年マシン、2月14日に公開

次の記事

「僕たちは決して満足しない」フェルスタッペン、ホンダの“ハードワーク”を絶賛

「僕たちは決して満足しない」フェルスタッペン、ホンダの“ハードワーク”を絶賛
コメントを読み込む