F1
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
イベントは終了しました
23 10月
イベントは終了しました

レッドブル、ヒュルケンベルグが2021年の選択肢に? アイフェルGPでは代役も検討

シェア
コメント
レッドブル、ヒュルケンベルグが2021年の選択肢に? アイフェルGPでは代役も検討
執筆:
協力: Christian Nimmervoll

レッドブルのヘルムート・マルコは2021年のドライバー候補として、ニコ・ヒュルケンベルグが選択肢となりえると語った。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ドライバーのアレクサンダー・アルボンが新型コロナウイルスの検査で陽性が疑われる状況が発生したことから、ニコ・ヒュルケンベルグと代役の可能性について話をしたと語った。

 先週末に行なわれたF1第11戦アイフェルGP。週末を前に実施された新型コロナウイルスの検査において、アルボンの結果が疑わしいものだったことから、マルコはヒュルケンベルグを代役として起用する可能性を模索したのだという。

 結果的に、再検査でアルボンの陰性が確認されたことでヒュルケンベルグがレッドブルのマシンを走らせることは無かった。しかしその週末、彼は体調不良を起こしたランス・ストロール(レーシングポイント)の代役として、急遽予選からアイフェルGPへ参戦している。

 ドイツの放送局Sport1に対し、マルコは次のように語った。

「我々はヒュルケンベルグと金曜日の時点ですでに話し合っていた。なぜならばアルボンが他の多くの者のように、決定的な検査結果が得られていなかったからだ」

「アルボンが疑わしい状況にあった。陽性になる可能性もあったので、私はフライトの後すぐにヒュルケンベルグへと電話したよ。だが結局アルボンが陰性であると判明した。神に感謝している」

 アルボンはアイフェルGPで良いパフォーマンスを見せられなかった。マルコのヒュルケンベルグについてのコメントも、レッドブルでの彼の長期的なキャリアに対する憶測を受けて出されたものだ。

 アルボンはアイフェルGPの1周目にタイヤを激しくロックアップさせてしまい、結果として早期のタイヤ交換を強いられた。その後ダニール・クビアト(アルファタウリ)とのインシデントによるペナルティを受け、最終的にはデブリによってラジエーターが破損したことでリタイアとなった。

 レッドブルはアルボンがチームメイトのマックス・フェルスタッペンに近づけるポテンシャルを秘めていると考えている。ただマルコはアルボンが最高のパフォーマンスを示せない場合には、ヒュルケンベルグやセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が選択肢となりえると語った。

「我々はマーケットに出回っている候補を呼ぶことができる」と、マルコは言う。

「それはヒュルケンベルグであり、ペレスだ。問題は、彼らがマックスからどれくらい離れているのか? ということだ」

「ダニエル(リカルド/元チームメイト)との比較で、ドライバーたちがどの位置にいるのかについて、判断することができる。そして、誰であっても0.3秒以上近くなるとは思えない」

「良い日であれば、アルボンはマックスへ接近することができる。アルボンは若いが、我々は彼がこのプレッシャーに耐えられない場合、我々も“片足”で世界選手権を背負っていくことはできないと認識している。それが現状だ」

「“世界選手権”というものを、1台だけで戦うのは無理なんだ。だが我々はまだそこには至っていない」

「アルボンのニュルブルクリンクでのパフォーマンスは満足の行くものだった。そういう状況なんだ」

 レッドブルはこれまで、自分たちの育成ドライバーを起用してくることを重視していたが、マルコは「今は状況が違う」と言う。

 現在FIA F2ではレッドブルの育成ドライバーである角田裕毅がランキング上位を争っており、印象的な活躍を見せている。しかし彼をレッドブルへ直接昇格させることは時期尚早だとマルコは考えており、アルファタウリに加入させることが望ましいと語っている。

「これまで、我々は常に自分たちのジュニアドライバーからリクルートしてきた。しかし現時点では誰もいないんだ」

「我々には非常に速さのある日本人ドライバーがいる。だが初年度にレッドブルのようなトップチームに昇格させることは、彼を消耗させてしまうリスクがある。そのため我々はそういったことは計画していない」

「したがって、他のチームと同じように実績のあるドライバーに頼るしか無いだろう」

 

Read Also:

スパでサインツJr.に起きたトラブルが、アイフェルGPでノリスにも……問題解決が急務

前の記事

スパでサインツJr.に起きたトラブルが、アイフェルGPでノリスにも……問題解決が急務

次の記事

アロンソ、久々F1ドライブで”マシンに圧倒”される「鍛え直す必要があるね!」

アロンソ、久々F1ドライブで”マシンに圧倒”される「鍛え直す必要があるね!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble