「フェルスタッペンの2位は、勝利みたいなモノ」レッドブル、ロシアGPの結果を喜ぶ

レッドブルは、F1ロシアGPでのマックス・フェルスタッペンの2位は、優勝のように感じたと語る。

「フェルスタッペンの2位は、勝利みたいなモノ」レッドブル、ロシアGPの結果を喜ぶ

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPの決勝レースを2位で終えた。グリッド最後尾からスタートしたことを考えれば、これは期待以上の結果と言えるだろう。

 フェルスタッペンはシーズン中に使用が許されている上限数を超えたパワーユニット・エレメントを投入したことで、グリッド最後尾に降格の処分を科された。

 ただフェルスタッペンをもってしても、ポジションを上げていくのは簡単ではなかった。スタート直後こそ順調にポジションを上げたフェルスタッペンだったが、レース中盤にミディアムタイヤに交換するとグレイニングに苦められ、そこからはポジションを上げていくのが難しくなった。

 レース最終盤に雨が降ったことで、2位に浮上する機会を手にしたフェルスタッペン。しかしその前の時点では、6位もしくは7位に入るのがやっとと見られていた。

 レース前の時点では、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトンとメルセデスにランキング上で先行されるだけでなく、大きな差を築かれてしまう可能性も十分にあった。しかし2位に入ったことでダメージを最小限にできたため、レース後にチームは大いに喜んだ。

 チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、今回のレースについて次のように語っている。

「我々にとっては勝利のようなことだと思う。週末が始まる前に、20番グリッドから2位にまで上がれるなどと誰かが言っていたら、我々は彼らの腕に噛み付いただろうね」

「それを達成したことで、ドライバーズチャンピオンシップで(ハミルトンから)2ポイントのビハインドに留めることができたのは、とても励みになる。残りは7戦。その結果次第ということになるからね」

 レッドブル曰く、レース前のシミュレーションでは、トップ5に入ることができれば、それが最良のシナリオだろうと考えていたという。

「レース前は、おそらく5位が最高の結果だと思っていた」

 そうホーナー代表は語った。

「レースがフィニッシュする数周前には、6位になるだろうと考えていた」

「マックスは、インターミディエイトタイヤに交換するという指示をすぐに受け入れた。そして、それが彼にとってはうまくいったんだ。PU交換のペナルティを受け、そして2位を手にできるなんて、期待していた以上のことができたと思う」

 フェルスタッペンは、前が開けた時には、非常に力強いパフォーマンスを発揮した。しかし隊列に追いついてしまった際には、非常に苦労したようにも見えた。

 ホーナー代表はそれこそが、レース中にフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に抜かれてしまった理由だと語る。

「彼のフロントタイヤにはグレイニングが出来ていたと思う」

「前にマシンがいる時に、それが起きるのを目にした」

「彼は、前が開けた状態で走った周回数はとても少なかった。でも最初のスティントでも見られたように、彼の実際のペースは非常に速かった」

「だが、他のマシンを追いかけて走る時には、そういうダメージを受ける。特に長く回り込むターン3などではね。それにより、フロントタイヤからエネルギーを奪い始めてしまう」

「しかしタイヤは徐々に綺麗になっていった。だから彼は、フェルナンドに再び近付くことができた。でも正直に言って、最後の5周で雨が降ったのは、適切なタイミングだったと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
タイヤ交換か? ステイアウトか? 勝負の分かれ目でメルセデスが見せた、ハミルトンを“断固としてピットに入れる”姿勢

前の記事

タイヤ交換か? ステイアウトか? 勝負の分かれ目でメルセデスが見せた、ハミルトンを“断固としてピットに入れる”姿勢

次の記事

レッドブルとの互角のタイトル争い続くメルセデス。ウルフ代表「”攻めの姿勢”を貫かなくてはいけない」

レッドブルとの互角のタイトル争い続くメルセデス。ウルフ代表「”攻めの姿勢”を貫かなくてはいけない」
コメントを読み込む