F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
24 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
31 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
45 days
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
59 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
66 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
80 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
87 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
101 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
115 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
143 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
150 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
164 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
171 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
185 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
199 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
206 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
220 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
234 days

レッドブル新車のスイートスポットはどこだ? ”魔法のパスワード”を探すチーム

シェア
コメント
レッドブル新車のスイートスポットはどこだ? ”魔法のパスワード”を探すチーム
執筆:
2019/04/02 10:41

レッドブルは、セットアップのスイートスポットが狭い新車RB15のパフォーマンスを解放する”魔法のパスワード”を見つけようとしている。

 ニューマシンRB15のパフォーマンスを完全に引き出すことが出来ていないレッドブル。チームはバーレーンで行われるインシーズンテストで、”魔法のパスワード”を見つけようとしている。

 マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーは、共にバーレーンGPでマシンの性能を最大限に引き出すことが出来ず、それぞれ4位と8位でレースを終えた。

 チーム代表のクリスチャン・ホーナーは「現時点ではトリッキーなマシンだと思う」と語った。

「運用できるウインドウがかなり狭いようだ。マックスはそれに非常によく対処している」

「ピエールにとっては、より難しいだろうと思う。それはそうだろう」

 ホーナーによれば、レッドブルのドライバーふたりはバーレーンGPの週末に完全に快適だと感じるセットアップに一度も巡り会えなかったという。そしてそれが、今週バーレーンで行われるインシーズンテストで取り組むべき課題を強調していると、ホーナーは話す。

「テストは完璧なタイミングだ」

「もっと多くのパフォーマンスを見つける必要がある」

「フェラーリは今週末、ここで非常に強かった。メルセデスはラッキーなワンツーフィニッシュを飾ったが、支配的だったのはフェラーリだ」

「ここでのフェラーリに対して、我々の強みと弱みがどこにあるのかを理解することを試みるのは非常に重要だ。一旦ウインドウに入れば、ピレリのタイヤが特にそうだが、まるで別のチームのようになる。フェラーリは2週間前とはまるで別物だし、メルセデスはその逆だった」

「魔法のパスワードが何なのか、それを理解するんだ」

 レッドブルは、何が必要なのかを理解するために、開幕2戦で多くのセットアップ変更を実施した。その試みの一部は上手くいっていないが、ホーナーはそのプロセスが、チームのクルマに対する理解を深める上で価値があると主張した。

「このような問題を追いかけていて、問題を解決するのに苦労している場合、大抵原因とは違うエリアのことを指差しているんだ」

「我々は今週末たくさんの素晴らしいデータを得た。焦点を合わせるべきエリアを理解し始めているんだ」

 フェラーリは、バーレーンにおいて直線スピードにおけるアドバンテージを誇っていたが、ホーナーはレッドブルのパートナーであるホンダが足を引っ張っているわけではないと明言した。

「フェラーリは、別のギヤを持っているようにすら見えた。彼らの直線におけるパフォーマンスは非常に印象的だった」

「シャシー側に、もっと整理する余地がある。エンジンは進歩を続けているんだ。だから我々はタイヤの問題を理解し、マシンを機能する領域に入れるという試みに集中していく」

次の記事
motorsport.com編集長日記:「異文化の壁と経験の壁」

前の記事

motorsport.com編集長日記:「異文化の壁と経験の壁」

次の記事

スピンをミスと認めたベッテル、原因は“プレッシャー”ではなく強風?

スピンをミスと認めたベッテル、原因は“プレッシャー”ではなく強風?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble