F1 モナコGP

地盤固めが進むレッドブル、古株チーフエンジニアのモナハンと契約更新。チームは“脱ニューウェイ”にも自信

レッドブルは長年チーフエンジニアを務めてきたポール・モナハンと新たな契約を結び、上級スタッフをまたひとり確保した形だ。

Paul Monaghan, Chief Engineer, Red Bull Racing, lifts the Constructors trophy on the podium

 motorsport.comの調べによると、レッドブルのチーフエンジニアであるポール・モナハンは、チームと新たな契約を締結するに至ったようだ。

 レッドブルは多くの上級スタッフの契約更新時期を迎える中、新規則となる2026年シーズンに向けた人材補強を進めている。特に最近、チーフテクニカルオフィサーのエイドリアン・ニューウェイがチームを離脱することを決めたため、そういった人材の整理がより必要となっている。

 その中でレッドブルの主要スタッフの多くがその将来を決めている。テクニカルディレクターのピエール・ワシェは、ライバルチーム……特にフェラーリから関心を寄せられていたが、今シーズン開幕前に新たな長期契約を結んだ。

 その他にもレッドブルは、空力部門の責任者であるエンリコ・バルドや、パフォーマンス・エンジニアリング責任者のベン・ウォーターハウスとの契約も更新している。

 モナハンはチームがジャガーを引き続いで“レッドブル・レーシング”として始動した2005年からチームに在籍している古株だが、情報筋によると長期にわたってレッドブルにとどまるという新たな契約に合意したという。

 これで次に契約をまとめる必要があるのが、スポーティングディレクターのジョナサン・ウィートリーと言えるだろう。彼は他チームへの移籍を模索していると考えられているが、レッドブルに残留する可能性が高まっている。

 レッドブルが主要なテクニカル&トラックサイドスタッフを確保する動きを見せているのは、ニューウェイが離脱した中でチームが黄金時代を継続できるよう、強固な体制を確保しようとしているためだ。

 F1の伝説的デザイナーであるニューウェイは現在レッドブルで技術面以外の責任を負うようになっている。ワシェはチームの体制について、そんなニューウェイの離脱に対する準備は万全だと断言した。

 先日のエミリア・ロマーニャGPの際、ワシェはこう語っていた。

「このマシンを送り込んだのはチームの努力だ。車両を作るのはひとりの人間だけではないのだ」

「例えひとりが抜けたとしても、チームとしてマシンを作り上げる準備はできている。エイドリアンのような人間は重要なので残念なことだが、そこに関しては準備ができている。これらは今年と来年に証明しなければいけないことだと思っている」

 

前の記事 レッドブル重鎮マルコ博士、日本人ドライバーふたりを高く評価「ユウキは自身の評価を上げ、岩佐も良いレースをしている」 彼らの去就はどうなる?
次の記事 フェラーリが速すぎる! ペレス、F1モナコGP初日終え「今の彼らには手が届かない」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本