F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
107 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
121 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
142 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
156 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
163 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
177 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
219 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
226 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
247 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
261 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
275 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
282 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
296 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
310 days

ガスリーのトラブルはドライブシャフト。フェルスタッペン、3位とFLを諦める

シェア
コメント
ガスリーのトラブルはドライブシャフト。フェルスタッペン、3位とFLを諦める
執筆:
協力: Edd Straw
2019/04/29 2:55

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、チームメイトのピエール・ガスリーのマシンに発生したドライブシャフトのトラブルへの予防措置として、3位入賞を諦めなければならなかった。

 バクー市街地コースで行われたF1第4戦アゼルバイジャンGPのレース終盤、3番手を狙って走っていたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、チームメイトのピエール・ガスリーに起きたドライブシャフトのトラブルが発生する可能性を避けるため、ペースを落として走っていたことが明らかになった。

 ピットレーンスタートから6番手までポジションを上げていたガスリーは、ドライブシャフトのトラブルに見舞われ、コース脇のランオフエリアにマシンを止めた。当時、チームメイトのフェルスタッペンは、3番手を行くフェラーリのセバスチャン・ベッテルに接近しつつあったが、ガスリーのストップによりバーチャル・セーフティカー(VSC)が宣言され、一時休戦となった。

 VSCが解除された後、フェルスタッペンはそれまでの勢いを失い、ベッテルとの距離が次第に開いていった。その時のフェルスタッペンは、タイヤの発熱に苦労していたが、それと同時にチームもガスリーに発生した問題が再発することを避けるため、ペースを下げるようにフェルスタッペンに指示していたという。

「再びタイヤを温めるのに少し苦労していた。しかし、ピエールにトラブルが起きたのを見た後では、あまりリスクを冒したくなかったんだ」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは語った。

「ドライブシャフトのトラブルだった。そしてその原因はまだ分かっていない。そのため、マックスには不必要なリスクを冒したくなかった。これで3戦連続の4位だ。表彰台に最も近いところでレースを終えるのは、いつも苛だたしいことだ。でも、今日の彼は力強いレースをしていたと感じている」

 ガスリーにトラブルが発生した後、フェルスタッペンにはターン16で縁石の上を走るのを避けるよう指示が飛んだ。レース序盤、彼はこの縁石を大きく使うシーンがあった。

「駆動系にできるだけエネルギーをかけないようにした。VSCが出るまでは、彼はかなりまともなペースだったように見えた。

 フェルスタッペンはベッテルの後方5.7秒でレースをフィニッシュした。一方、後方5位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)とは、ほぼ1分の差があった。ルクレールはレースの最終盤にピットインし、新しいソフトタイヤを履いてファステストラップを記録した。

 フェルスタッペンにもタイヤを交換してファステストラップを狙うという選択肢もあったが、やはりマシンに余計な負荷をかけるのを防ぐため、これを狙うことも断念したという。

「通常のセーフティカーであれば、ピットストップを行うつもりだった」

 ホーナー代表はそう語った。

「でもVSCだったから、意味はなかったのだ」

「彼には、最速ラップを狙いにいくための新品のソフトタイヤが残っていなかった。そして信頼性の面で言えば、1ポイントのためにドライブシャフトに余計な負荷をかける意味があったのだろうか? 我々は12ポイントを失うかもしれなかったのだ。これは、意味のないことだっただろう」

次の記事
必ず我々の”時”がやってくる! 選手権16位に沈むクビアト、チームの今後にポジティブ

前の記事

必ず我々の”時”がやってくる! 選手権16位に沈むクビアト、チームの今後にポジティブ

次の記事

ルクレール、ファステスト狙い”ソフトタイヤ温存”「苦労していたわけじゃない」

ルクレール、ファステスト狙い”ソフトタイヤ温存”「苦労していたわけじゃない」
コメントを読み込む