F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

レッドブル、苦戦の原因はまだ闇の中。フェルスタッペン「セットアップが原因ではない」

シェア
コメント
レッドブル、苦戦の原因はまだ闇の中。フェルスタッペン「セットアップが原因ではない」
執筆:
, Grand prix editor
2020/07/19 11:13

マックス・フェルスタッペンは、ハンガリーGPで苦しんでいるマシンバランスの問題は、セットアップに起因した問題ではないと語った。

 F1第3戦ハンガリーGP、優勝候補の一角と目されながらもマシンバランスに苦しんでいるレッドブル。マックス・フェルスタッペンは今季これまでの3レースで最悪の予選7番手となり、ポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)から1.4秒離された。

 チームメイトのアレクサンダー・アルボンは、予選Q3に進むことができず、13番手で予選を終えた。

Read Also:

 ふたりとも、今季のマシン『RB16』の過敏な特性に苦しんでいるようで、開幕3レースのフリー走行・予選で何度もスピンを喫している。

 フェルスタッペンは予選後、チームは根本的な原因を調査中であり、ハンガリーではまだ解決策を見つけることができていないと述べた。

「僕たちは、コーナーを曲がる時に良いバランスが取れていない」

「アンダーステアだったり、オーバーステアになったり、グリップが足りなかったり……トップスピードが高いわけでもない。だから、全てが合わさって遅くなっているんだ」

「もちろん、その原因が理解できていればそれを変更したり、改善したりするだろう。だけど何かがまだ間違っていて、それが何かをまだ調べているんだ」

 昨年はハンガリーGPでポールポジションを獲得したフェルスタッペン。コンディションが大きく異なるとはいえ、今年の予選ベストタイムは昨年のポールポジションタイムよりも約0.3秒遅くなっているのだ。

 セットアップの方向性が間違ってしまったのかと訊かれると、フェルスタッペンはそれを否定。次のように述べている。

「いいや、セットアップが原因だとは思わない。もしそうなら、自分のエンジニアを非難することになるからだ」

「セットアップに関連したものじゃない。毎ラップ同じフィーリングなんだ」

「もちろん限界までプッシュして、その限界に達した時はクルマがトリッキーになったり、簡単にリヤのグリップを失ってしまったりする。だけど僕は、毎周似たような感じを受けるんだ」

Read Also:

チームメイトに予選6連敗のクビアト「別の方向性のセッティングを探らなきゃいけない」

前の記事

チームメイトに予選6連敗のクビアト「別の方向性のセッティングを探らなきゃいけない」

次の記事

メルセデス代表、レーシングポイントの速さを認める「我々より速いコーナーがある」

メルセデス代表、レーシングポイントの速さを認める「我々より速いコーナーがある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Luke Smith