F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
14 days

レッドブル、セットアップ改善に希望の光? スペインGPまでに空力修正へ

シェア
コメント
レッドブル、セットアップ改善に希望の光? スペインGPまでに空力修正へ
執筆:
協力: Christian Nimmervoll
2019/04/06 6:02

レッドブルのヘルムート・マルコは、遅くともスペインGPまでに空力の問題を解決できると自信を持っている。

 開幕2レースでマシンセットアップに苦戦したレッドブル。バーレーンでのインシーズンテストで原因究明に当たった結果、スペインGPまでには問題を解決できる目処がついたようだ。

 マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーの両名が苦しんだバーレーンGPは、ニューマシンRB15のトリッキーなハンドリングの問題を強調した。RB15はセットアップの”スイートスポット”が狭く、最適なパフォーマンスを発揮するのが難しいのではないかと見られている。

 チームは、問題の原因が大きなものではなく、細かな部分にあると考えており、バーレーンGP後に行われたインシーズンテストでいくつかの解決策を試した。

 テスト初日はフェルスタッペンがドライブを担当し、トップタイムを記録。2日目は育成ドライバーで、今季スーパーフォーミュラに参戦するダニエル・ティクトゥムがロングランを中心に134周を走り込んだ。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、バーレーンで明らかになった問題を解決するにはそれほど時間はかからないと主張している。

「バーレーンで、我々の弱点が空力にあることを確認した。我々は原因が分かっていると思うし、すでに修正を実行できたと思う。テスト初日のフェルスタッペンのタイムはかなり問題がないものだった」と、マルコはmotorsport.comに語った。

「それはコンセプトの問題ではなく、細かい問題だ。そして、それが今回初めて起こったわけではない。しかしバーレーンGPの強風が、その問題を倍増させた」

 チームは問題解決のために何をする必要があるのか、その解決策はいつ準備できるのかと訊くと、マルコは「我々は原因を理解している。だが、(第3戦)中国までにどこまで修正できるかは、今の時点でははっきりしない」と答えた。

「どんなに遅くとも、バルセロナ(第5戦スペインGP)までに完了しているはずだ」

 マルコは、バルセロナでのオフシーズンテストでガスリーがクラッシュを喫し、新しいパーツを壊してしまった影響が大きかったと再び主張。それにより、レッドブルがマシンの弱点を理解するのに時間がかかってしまったと話した。

「これら全ては、バルセロナでのテスト最終日に、我々が暫定的なバージョンのマシンを走らせた結果によるものだ」

「ガスリーのクラッシュ後、我々は完全なパッケージを使うことができなかった」

次の記事
アルボンは未来の1流F1ドライバー! フランツ・トスト、ルーキーの走りを高く評価

前の記事

アルボンは未来の1流F1ドライバー! フランツ・トスト、ルーキーの走りを高く評価

次の記事

苦戦続くウイリアムズ、2018年は約7億円増収も……2021年の改革を待ち望む

苦戦続くウイリアムズ、2018年は約7億円増収も……2021年の改革を待ち望む
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble