レッドブル、フェルスタッペンのクラッシュで「損傷の兆候があれば、ギヤボックス交換をためらわない」

レッドブルは、F1サウジアラビアGPの予選でクラッシュしたマックス・フェルスタッペンのギヤボックスに懸念があれば、迷わず交換を決断するという。

レッドブル、フェルスタッペンのクラッシュで「損傷の兆候があれば、ギヤボックス交換をためらわない」

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1第21戦サウジアラビアGP予選Q3最後のアタックでクラッシュを喫してしまった。チームは、ダメージを負っている兆候があれば、迷いなくギヤボックス交換をするつもりのようだ。

 フェルスタッペンは最終アタックで、セクター1とセクター2を全体ベストのペースで走行。ルイス・ハミルトン(メルセデス)を上回ってポールポジションを獲得するかと思われた。

 しかし最終コーナーへのブレーキングでタイヤをわずかにロックさせ、立ち上がりでワイドに膨らんでしまい、アウト側のウォールに接触。特に右リヤタイヤに衝撃を受けた。

Read Also:

 レッドブルは、ギヤボックスが無傷で済んだかどうかはまだ分からないものの、損傷している可能性が少しでもあれば、ギヤボックスを交換して5グリッド降格ペナルティを受け入れるとしている。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、『Servus TV』に次のように語った。

「分解して、見てみないと分からない」

「モンテカルロの(フェラーリのシャルル)ルクレールの時もそうだった。彼も同じような事故だった」

「彼らはギヤボックスを変更しないことを決めたが、ウォームアップラップでその結果が明らかになったんだ」

「我々はとても速いので、リスクを冒すことはない。もしギヤボックスにダメージがあったり、その兆候があれば交換をする。ここでオーバーテイクするのは難しいが、それでもだ」

 マルコは、フェルスタッペンがミスでポールポジションを逃し、3番手になってしまったこと不満をもっているが、マルコはドライバーの攻撃スタイルに文句は言えないと語った。

「あの時点で、彼はコンマ4秒もリードしていた。それはここでは永遠とも言える差だ」

「彼がブレーキをかけたときに、左のフロントホイールがロックしてしまったんだ。その結果、彼はグリップを失い、そしてスライドしてしまった。それが起きてしまったことだ」

「振り返ってみれば、『いいよ、マックス。君はもう十分にリードしているんだから、気楽に行こうよ』と言うこともできたかもしれない」

 
Read Also:

シェア
コメント
ホンダPU搭載勢、全4台が予選トップ8入り。田辺TD「全車に速さがある」とレースに期待感
前の記事

ホンダPU搭載勢、全4台が予選トップ8入り。田辺TD「全車に速さがある」とレースに期待感

次の記事

予選5番手セルジオ・ペレス「戦える余地は十分にある」決勝はまだまだチャンスあり? 

予選5番手セルジオ・ペレス「戦える余地は十分にある」決勝はまだまだチャンスあり? 
コメントを読み込む