コンストラクターズ王者を逃しても……レッドブル「フェルスタッペンの”載冠”は大きな誇り」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、コンストラクターズタイトルを逃したため、スタッフのボーナスには反映されないものの、チームの誰もがフェルスタッペンのタイトル獲得を心から喜んでいると語った。

コンストラクターズ王者を逃しても……レッドブル「フェルスタッペンの”載冠”は大きな誇り」

 2021年のF1ドライバーズチャンピオンには、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが輝いた。しかしレッドブルは、コンストラクターズランキングではメルセデスに敗北、2位でシーズンを終えることになった。

 しかしレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、コンストラクターズタイトルを逃したことで、フェルスタッペンがドライバーズタイトルを獲得したことによる喜びが減ることはないと語った。

 多くのチームは、ドライバーのタイトル獲得よりも、コンストラクターズタイトル獲得の方を重視することがある。これは、コンストラクターズランキングの順位に応じて、分配金が各チームに支払われるからだ。つまり、チームスタッフに支払われるボーナスの額も、チームのランキングに応じて決められることが多いということを意味する。

 レッドブルはコンストラクターズランキング2位に終わったことで、分配金額が減ることになる。しかしホーナー代表は、コンストラクターズタイトルを逃したことで、フェルスタッペンが王者になったことを喜んでいないスタッフはひとりもいないと語る。

「コンストラクターズランキングは、常にお金が懸かっているところだ」

 そうホーナー代表は語る。

「このチャンピオンシップのパフォーマンスに基づき、各チームにスポーツ全体の収益が分配される」

「我々のチームの全てのスタッフ、そしておそらくほとんどのチームのスタッフは、ドライバーズランキングではなく、コンストラクターズランキングでどこにいるかということによって、報われることになると思う」

「でも、ドライバーの争いは明らかに人気があり、名声もある。だから我々の中には、このドライバーズタイトルを、コンストラクターズランキング1位と交換したいと考えるようなスタッフはいないだろう」

 ホーナー代表はアブダビで勝ったことにより、ドライバーズタイトルを獲得したことがチームのスタッフにとってどれほど意味のあることだったのか、ファクトリーでの様子を紹介しつつ、次のように語った。

「マックスがファクトリーを訪れた時の反応を見れば、誰もが彼が達成したことをとても誇りに思っているというのは明らかだ」

「もちろん、分配金のためには、コンストラクターズランキングは非常に重要だ。例えば、チャンピオンと2位の差額は数百万ドル(数億円)にもなる」

「しかし、ドライバーズチャンピオンを獲得することによる名声は、実に大きなモノだ。それこそが、誰もが手にしたいと思っているモノだ。そしてこれが、我々が成し遂げたことを意味しているんだ」

 2014年に現行のパワーユニット(PU/V6ターボエンジン+熱&運動エネルギー回生システム)レギュレーションが施行されてから、メルセデスはドライバーズ&コンストラクターズランキングを7年連続で独占してきた。つまりレッドブルは、今回フェルスタッペンが王者を獲得したことで、現行PU時代で初めてメルセデスに”土”をつけたということになる。

 このことは、レッドブルにとっては初めてのチャンピオン獲得のようだと、ホーナー代表は感じているという。

「最初のチャンピオンと同じくらい特別な感じがする」

 そうホーナー代表は語る。

「この戦いの激しさは、非常識なほどだったと思う」

「ルイスとメルセデスが持つクオリティに対抗することで、我々は自分たちができると考えていたこと以上のものを発揮できたと思う」

「それをさらにやりがいのあるモノにしたのは、ハイブリッド(PU)時代はメルセデスが支配的な強さを誇り、対抗馬となるチームをことごとく叩き潰してきたということだと思う。そしてついに我々は競争力のあるマシンを生み出すことができ、マックスは両手でそれ(チャンピオン)を掴み取ったんだ」

「モータースポーツにおける最高のタイトルを獲得することができたのは、私たちにとって非常に誇りに思うべきことだ。そして間違いなく、我々はマックスが達成したことをとても誇りに思っている」

 
Read Also:

シェア
コメント
2022年F1、新型コロナのオミクロン株に対処すべく、パドックの関係者全員にワクチン接種を義務付けへ……検討進む
前の記事

2022年F1、新型コロナのオミクロン株に対処すべく、パドックの関係者全員にワクチン接種を義務付けへ……検討進む

次の記事

2021年のF1は”ハリウッド映画の脚本”よりも奇なり。レッドブル代表「ファン人気が高まった1年だった」

2021年のF1は”ハリウッド映画の脚本”よりも奇なり。レッドブル代表「ファン人気が高まった1年だった」
コメントを読み込む