F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
02 時間
:
15
:
38
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
7 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
21 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
35 days

レッドブル・ホンダ”鈴鹿スペシャル”新燃料。F1初使用の化学物質を追加?

シェア
コメント
レッドブル・ホンダ”鈴鹿スペシャル”新燃料。F1初使用の化学物質を追加?
執筆:
2019/10/10 23:37

レッドブル・ホンダの燃料パートナーを務めるエクソンモービルは、日本GPに投入する新しい燃料について、F1ではこれまで使ったことのない化学物質を加えたと説明する。

 ホンダのホームレースである日本GPへ向けた努力の一環として、レッドブルの燃料パートナーであるエクソンモービルは、新開発の燃料を鈴鹿に持ち込んでいる。これによりホンダ製”スペック4”エンジンでの、最適な燃焼を実現することを目指したものだ。

 この新燃料によって期待されるパワーアップの正確な数値は不明だが、2017年にレッドブルと組んで以来、最大のステップアップのひとつであると、エクソンモービルは説明する。

 同社のグローバル・モータースポーツ・テクノロジーマネージャーであるデビッド・ツルサキは、次のように語る。

「レッドブルと組んで以来、我々が行ったうちの最大のステップアップのひとつだと思う。そしてエンジン技術が成熟した今、その調整はますます難しくなっている」

「このアップグレードは、我々が長いこと考え、取り組んできたものだ。それは、我々にとってのより良い改善のひとつだと思う」

「パフォーマンスの向上度合いについてはコメントできない。それがどれほどのモノなのかは分かっている。そうでなければ、この燃料を投入することはないだろう。間違いなく改善している」

 ツルサキ曰く、この新燃料の開発は数年にわたって行われてきたものであり、この効果を実現するために、新しい原材料を調達したという。

 この新燃料に加えられた素材は、F1では新しい化学物質なのかと尋ねられたツルサキは、motorsport.comに対して次のように語った。

「FIAのレギュレーションは、かなり厳格に制限されている。過去に市販燃料で使用され、今も入手可能な化学物質でなければならないのだ。そういう意味では、真新しい技術ではない」

「しかしその素材は、我々にとってはF1で使ったことのないものだ。他のメーカーがこの素材を使ったかどうか、それは我々には分からない」

「我々が求めているパフォーマンスの向上を実現するために、ふたつないしは3つ重要な調整をしている」

Read Also:

次の記事
荒天予報にも動じず。フェルスタッペン、鈴鹿で4年連続の好結果狙う

前の記事

荒天予報にも動じず。フェルスタッペン、鈴鹿で4年連続の好結果狙う

次の記事

メルセデス、日本GPに空力アップデートを投入。”打倒フェラーリ”を狙う?

メルセデス、日本GPに空力アップデートを投入。”打倒フェラーリ”を狙う?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble