「これは我々からの意思表示だ」とレッドブル、メルセデスからの人員引き抜きを説明。PU部門の強化進める

レッドブルが直近のメルセデスからのPU部門スタッフの引き抜きについて説明。人員強化の他にも、PUメーカーとなるレッドブルの「意思表示」でもあると語っている。

「これは我々からの意思表示だ」とレッドブル、メルセデスからの人員引き抜きを説明。PU部門の強化進める
Listen to this article

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、直近のメルセデスからのパワーユニット(PU)部門スタッフの引き抜きに関し、新規PUメーカーとなるレッドブルの「意思表示でもある」と説明している。

 イギリスのミルトン・キーンズに本拠地を置くレッドブル。次世代PUレギュレーションが導入される2026年からは、自社開発・製造のPUで臨むべく、PU部門の「レッドブル・パワートレインズ(RBPT)」を設立した。

 レッドブル・グループにPUを供給してきたホンダのF1撤退から動き出したRBPT。当初はホンダの知的財産権(IP)を引き継いでPUの開発・製造・メンテナンスを行なう予定だったが、2026年の新規PUメーカーへ与えられる優遇特権から、現在は次世代PUへ向けた開発のみ実施している。

 ホンダからのIPの受け渡しは行なわれておらず、2025年末まではレッドブル・グループのPU運用はホンダのモータスポーツ部門であるホンダ・レーシング(HRC)が行なうこととなっている。

 新設されたRBPTは既に開発を開始しており、2026年以降のポルシェとの大型提携を前に、ライバルチームであるメルセデスから大物エンジニアを続々と引き抜いている。

 レッドブルは、メルセデスに20年間在籍し、2017年からはメルセデスのPU部門「ハイパフォーマンス・パワートレインズ(HPP)」でメカニカルエンジニアリング・チーフを務めたベン・ホジキンソンを新テクニカルディレクターとしてヘッドハンティング。

 さらに先日motorsport.comが報じた通り、レッドブルはルイス・ハミルトンが初の世界タイトルを獲得した際のレースエンジニアであるフィル・プレウと契約を結んだ。プレウはマクラーレンに20年以上務め、HPPでチーフエンジニアを担当していた大物エンジニアだ。

 またmotorsport.comの調べによると、レッドブルはさらにメルセデスで熱流体シミュレーションチームを率いるナイジェル・マッキンリーも引き抜くとみられている。

Read Also:
Max Verstappen, Red Bull Racing RB18

Max Verstappen, Red Bull Racing RB18

Photo by: Red Bull Content Pool

 レッドブルのホーナー代表は、今回の人事、特にプレウの獲得について説明。才能ある人物の引き抜きによって、RBPTの野望が明確なモノだと示せたと語った。

「フィルがチームに加わってくれることを嬉しく思う」と彼は言う。

「彼は驚異的な実績を持っているし、メルセデスの最近の成功における重要人物だった」

「そしてこれは『我々がPUでどうありたいか』という、もうひとつの意思表示でもある。強者を集め、ビジネスに深みを出すことができたと思う」

「(プレウが)実際に加わり、PUに命が吹き込まれるのは素晴らしいことだ」

「フィルは、我々が既に集めてきた非常に才能豊かなグループに加わる。彼は直近で加入した数少ない重要人物のひとりだ」

 レッドブルとポルシェの提携は決定路線だが、法的文書で公式発表とされていた期日を過ぎても、未だ発表はない。

 現在は2026年以降の次世代PUレギュレーション確定が待たれている状況であり、提携の正式発表もそれ以降になる。なおサマーブレイク期間のどこかしらで行なわれると予想されている。

 ホーナーはRBPTに関して、2026年に可能な限り最高のPUを提供することに集中していると語っている。

「我々は、将来のために最高の人材をリクルートしているだけだ」とホーナーは付け加えた。

 
Read Also:

シェア
コメント
フェラーリにとって戦略は”弱点”ではない? ビノット代表がチームの戦略部門を擁護する理由
前の記事

フェラーリにとって戦略は”弱点”ではない? ビノット代表がチームの戦略部門を擁護する理由

次の記事

【動画】F1 2022年シーズン前半戦の”ベストバトル”集!

【動画】F1 2022年シーズン前半戦の”ベストバトル”集!