F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
15 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
22 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
29 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
43 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
50 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
71 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
99 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
106 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
120 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
134 days

レッドブル、オワードとジュニア契約「F1は逃すには大きすぎる目標」

シェア
コメント
レッドブル、オワードとジュニア契約「F1は逃すには大きすぎる目標」
執筆:
協力: Luis Ramírez
2019/05/14 6:59

インディカー参戦中のパトリシオ・オワードは、レッドブルのジュニアドライバーとして契約。F1への道が開かれたことに喜んでいる。

 インディカー・シリーズに参戦中のパトリシオ・オワードが、レッドブルのジュニアプログラムの一員となったことが先週発表された。

 オワードは2018年シーズンにインディライツでチャンピオンを獲った後、今季はカーリンからインディカー・シリーズに参戦中である(インディカー初参戦は昨年の最終戦)。

 オワードはメキシコ出身の20歳。キャリアの大半をアメリカのフォーミュラカーレースで戦ってきたが、今回レッドブルと契約を交わしたことにより、今後F1へという可能性も浮上してきた。

「物事はかなり早く動いた」

 そうオワードは語る。

「近いうちにF1に乗るチャンスがあるかもしれない。僕がしてきたことについては、とても誇りに思っている。トレバー・カーリン(カーリンのチームオーナー)にも感謝したいと思う。彼がインディカーへの扉を開いてくれ、それがF1への道を開いたんだ」

「それはすごく大変なことだけど、準備はできている。自分にできることを信じているんだ。結果を出せば、F1に到達することができるということを知っている。そして、F1で成功するんだ。狙いはまっすぐF1に行くことだ」

 オワードはまだインディカーでの経験が浅いものの、印象的な走りを披露している。その努力が、レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコの目に留まったのではないかとオワードは考えている。

「ヘルムート・マルコが関心を持ってくれたことで、全てのことが起きた。彼は4月の中旬に電話をかけてきて、僕のことを知りたがった。そして彼に会い、彼はいくつかの質問をした。その後で彼は、サインするように促したんだ。彼らは僕に契約書を送った……彼らは僕を雇ったんだ」

「これは大変なことだ。そして今のところ、インディ500以降はロードコースでのレースにだけ出る予定だ。だからF1からどんな選択肢が出てくるのかを見守らなければいけない」

「F1に行けるかもしれないなんて、見逃すには大きすぎるチャンスだった。F1に参戦するのは、インディカー以上に難しいことが多い」

「F1への道が開けている。僕は良いレースをすることに集中したいと思う。そして将来的には、(F1を戦った後に)インディカーに戻れたらいいと思う。何が起きるのかは決してわからない」

次の記事
フェラーリ、マシンコンセプトへの自信も揺らぐ? 「苦戦の根本的な理由を探る」

前の記事

フェラーリ、マシンコンセプトへの自信も揺らぐ? 「苦戦の根本的な理由を探る」

次の記事

オランダGP復活の影響でスペインGPは消滅へ? ドライバーから惜しむ声続々

オランダGP復活の影響でスペインGPは消滅へ? ドライバーから惜しむ声続々
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , IndyCar
ドライバー パトリシオ オワード
執筆者 Valentin Khorounzhiy