「ホンダとのコラボはF1だけにあらず」レッドブル重鎮、F3挑戦角田に高評価

レッドブルのモータースポーツ活動に多大なる影響を持つヘルムート・マルコが、今季FIA F3に挑戦する角田裕毅について、高い評価を語った。

「ホンダとのコラボはF1だけにあらず」レッドブル重鎮、F3挑戦角田に高評価
Listen to this article

 レッドブルのレーシングアドバイザーであるヘルムート・マルコは、今季レッドブル・ジュニアドライバーのひとりとしてFIA F3を戦う角田裕毅について、高評価を下した。

 昨年FIA-F4選手権のチャンピオンに輝いた角田は、今季イェンツァーからFIA F3に参戦することが決まっている。

 その角田は、昨年の秋に渡欧し、ハンガロリンクで行われたレッドブルのF3テストに参加。その走りが評価され、今季の参戦に繋がった格好だ。そしてこの参戦は、ホンダのドライバー育成プログラムである”ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト”と、レッドブルのドライバー育成組織である”レッドブル・ジュニア・チーム”の共同プログラム。角田には両者の期待がかけられている。

 レッドブルのモータースポーツ活動において多大なる影響力を持つマルコも、角田を高く評価しているようだ。

「我々は今、ホンダとのコラボレーションを行っている。それは、F1の活動だけに限定されるものではない。我々はホンダのスーパーフォーミュラのプログラムも支援している。これは、日本ではとても重要なものだ」

 そうマルコはホンダとレッドブルのコラボレーションについて語った。

「そして、我々のジュニアチームに所属している、若い日本人がいる。彼のために、キャリア構築の戦略を完璧に引き継ぐ」

「彼の名前は、角田裕毅という。彼はとても印象的で、ここまでのテストでは常に速い」

 F1では今季から、レッドブルもホンダ製のパワーユニットを搭載することになる。これで、昨年からコラボレーションを始めたトロロッソも含め、”レッドブル系”の2チームが同じパワーユニットを使うこととなり、その相乗効果も期待されている。

 マルコはレッドブルとホンダのコラボレーションについて、「F1に限ったものではない」と改めて語った。

「我々のコラボレーションは、F1のエンジン供給だけに留まらず、それよりもはるかに広範囲にわたるものだ」

シェア
コメント
ギャラリー:レッドブルのF1マシン全14台(2005〜2018)
前の記事

ギャラリー:レッドブルのF1マシン全14台(2005〜2018)

次の記事

F1エントリーリスト改訂版が発表。アルファロメオ、シャシー名も変更

F1エントリーリスト改訂版が発表。アルファロメオ、シャシー名も変更