いざ、王座挑戦へ。レッドブル・ホンダ、新車RB16を2月12日にシェイクダウン

レッドブル・ホンダは、2020年シーズンを戦うマシン『RB16』を2月12日にシルバーストンでシェイクダウンする。

いざ、王座挑戦へ。レッドブル・ホンダ、新車RB16を2月12日にシェイクダウン

 レッドブルは、2020年シーズンを戦うF1マシン『RB16』を2月12日にシルバーストン・サーキットでシェイクダウンする。

 これはルノーの参戦体制発表会と同日であり、フェラーリの新車発表の1日後ということになる。

 ホンダとの提携初年度となった2019年、レッドブルはマックス・フェルスタッペンが3勝を記録する活躍を見せ、ランキング3位を獲得した。フェルスタッペンはチームを信頼し、2023年までの契約延長に合意。2020年はタイトル獲得を狙うと気合十分だ。

 彼のチームメイトはアレクサンダー・アルボンが務める。昨シーズン途中の”交代劇”でトロロッソから昇格し、レッドブルのシートを射止めたルーキーだが、今後もそのシートに留まるためにはフル参戦2年目の成績が重要となってくるだろう。

 また、2020年はアストンマーチンがチームのタイトルスポンサーを務める最後のシーズンとなる。レーシングポイントのオーナーであるローレンス・ストロールがアストンマーチンの株式を取得し、2021年からはレーシングポイントがアストンマーチンF1チームへと名称変更するからだ。

Read Also:

シェア
コメント
もうF1には戻ってこれないかも……シロトキンは“セカンドキャリア”を歩み始める?

前の記事

もうF1には戻ってこれないかも……シロトキンは“セカンドキャリア”を歩み始める?

次の記事

収束見えないコロナの脅威。F1ストラテジーグループでも中国GPが議題に

収束見えないコロナの脅威。F1ストラテジーグループでも中国GPが議題に
コメントを読み込む