レッドブルとアロンソ、新MGU-K投入見送り。グリッド降格回避へ

シェア
コメント
レッドブルとアロンソ、新MGU-K投入見送り。グリッド降格回避へ
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
翻訳:: 松本和己
2018/06/29 12:24

ルノーは、待望の新型MGU-KをオーストリアGPに投入したが、レッドブル勢とアロンソは旧スペックを継続使用している。

 ルノーは、2017年シーズンから導入が遅れていたアップグレード版のMGU-Kを投入した。しかしグリッド降格ペナルティを避けるため、レッドブルの2台とマクラーレンのフェルナンド・アロンソはオーストリアGPでこれを使用していない。

 ワークスチームのカルロス・サインツJr.とニコ・ヒュルケンベルグ、およびマクラーレンのストフェル・バンドーンは、これまでMGU-Kを1基しか使用していなかったため、今回のアップデートMGU-K導入で2基目となり、ペナルティを受けない。

 しかし、アロンソとレッドブルのマックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルドは新しいMGU-Kを導入することになればペナルティを受けるため、従来仕様のMGU-Kを使用し続けている。

「望むなら、全てのマシンがアップデートされたMGU-Kを使用できる」と、ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは今週motorsport.comに語っていた。

「全てのチームが新スペックを使用することを選ぶとは思わない」

「これは待望のアップデートだが、一部のチームがそれを使用しないことを選ぶというのはちょっとした問題だ。つまり、旧スペックのMGU-Kを使用し続けるというのは、信頼性のリスクが高いんだ」

「しかし、全ての情報を踏まえた上で各チームが下した決断を受け入れるのが、我々の哲学だ」

 ヒュルケンベルグは、MGU-Kのアップデートにはそれほど重要性はないと語ったが、新しいユニットは重量が軽くなっていると明かした。

「僕たちは、それほど大きな効果があるとは予想していない」

「それは、僕たちを1周あたり1秒も速くしてくれるようなものではない。シーズン途中で行うアップデートの一部、パズルの1ピースだ」

「僕にとってポジティブなニュースはかなり軽量化したということだ。最近はかなりのオーバーウエイトだった。特に予選はそうだ。それがパフォーマンスに影響していた」

「それが何よりも僕の助けになると思う。チームにとっても、信頼性の改善が望みだ」

 MGU-K以外にも、ルノーとマクラーレンの4名がエナジーストアを交換。サインツはターボチャージャー、アロンソはコントロールエレクトロニクスを新しくしている。

 また、ルノー勢は今回から予選用のエンジンモードを使用できるようにもなっているようだ。

次の F1 ニュース
オーストリアFP2速報:メルセデス再び1ー2。ガスリーはトラブルも9番手

前の記事

オーストリアFP2速報:メルセデス再び1ー2。ガスリーはトラブルも9番手

次の記事

ガスリー「PUアップデートの”答え”を得るためにも今週末は重要になる」

ガスリー「PUアップデートの”答え”を得るためにも今週末は重要になる」

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル , マクラーレン , ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース