ルノー、起用したドライバーの実力に満足「ボッタスらを抑えていた」

アビテブールは、チームのドライバーらがグリッド上位で"トップドライバー同士の争い"ができていると語った。

 ルノーのチーム代表であるシリル・アビテブールは、チームのドライバーらがグリッド上位でトップドライバー同士の争い"ができていると考えている。

 先週末開催された2018年F1開幕戦オーストラリアGPで、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは7位、ドリンクポンプのトラブルがあったもののカルロス・サインツJr.は10位でレースを終えた。

 アビテブールはそのオーストラリアGPの後、今シーズン一貫して戦っていけるマシンを擁していることは、他チームに対し大きな違いを生むことができると考えている。しかし彼はシーズンを通してルノーのドライバーらが非常に厳しい戦いを強いられるだろうと述べた。

「(メルセデスのバルテリ)ボッタスと(マクラーレンのフェルナンド)アロンソからプレッシャーを受けながらも、うまくそれに対処できているドライバーを起用できていることは良いことだ」

「彼はそのような状況に対処することができる能力を持っている。明らかにオーバーテイクが困難なサーキットであったがね」

「カルロスはドリンクシステムの問題によって少し苦戦していたが、それが何か状況を変えたとは思わない」

「そのような2台のマシンを擁していることは良いことだ。しかし彼らは常に上位争いをする必要があるだろう。彼らは"トップドライバー同士の争い"に加わっているのだ」

 ワークスチームであるのにも関わらず、ルノーはカスタマーチームであるレッドブルやマクラーレンにランキングで負けているが、ルノーの実力は今後高くなって行くとアビテブールは考えている。

「きちんとしたスタートを切れたと思う。我々に自信と集中力をもたらすスタートだ」

「信頼性の問題を抱えなかったため、今後パフォーマンス面に集中することができる。うまくいけばハースやマクラーレンと戦い続けることができるだろう」

「シーズン開始時の目標と一致しており、我々の期待通りであり、テスト後と同じ気持ちでいることができている。これ以上の結果はないだろう」

 さらにアビテブールは、ルノーが中団チーム争いを制するために、潜在的な可能性を余すことなく発揮するべく作業を継続しなければならないと語った。

「ピットストップ作業やレース戦略はもちろん、信頼性やパフォーマンスも非常に重要なものになる」

「チームとして後退できないのはもちろんだが、あらゆる作業を継続しなければならない。それに我々はシャシーとエンジンの両方に必要とされるパイプラインを形成できていることを理解している」

「今シーズンの開幕戦から自信を持つことができた。今年は非常に長く、面白いシーズンになるだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. , ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース