ルノー、17年チーム収支黒字化。タイトル獲得へ向けチーム組織改革続行

シェア
コメント
ルノー、17年チーム収支黒字化。タイトル獲得へ向けチーム組織改革続行
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
翻訳:: 田中健一
2018/07/15 4:20

ルノーは2017年の収支報告を発表。ルノーがチームを所得した1年目にあたる2016年シーズンが赤字だったものの、2017年には一転黒字化したことを明かした。

Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18

 ルノーF1チームは、2017年に収支報告を発表。ルノーが再び所有権を手にして以来、初めて黒字化したことを明らかにした。

 最近公開されたチームの収支報告によると、同チームの収入は昨年大幅に向上したことが示されている。ルノーがチームを取得したのは2016年。同年は大幅な損失を計上したが、それが一転黒字化したというのだ。

 2016年には1億1970万ポンド(約177億9600万円)だった収入は、2017年には1億3630万ポンド(約202億6400万円)に成長。収支も330万ポンド(約4億9000万円)のマイナスから、110万ポンド(約1億6300万円)のプラスに転じた。

 レースの成績面で言えば、2015年(当時はロータス・メルセデス)はコンストラクターズランキング6位だったものが、2016年には9位になったため、賞金収入は当然下落している。その一方でスポンサーシップによる収入は増加し、売り上げ向上に貢献した。

 またスタッフの人数は511人から606人に増えており、人件費は拡大。しかしながらチームは、組織の改善プロセスの真っ只中にあり、ファクトリーの設備に対する投資も依然として進行中であるという。

 チームは今後の投資について、次のように説明している。

「開発を推進するための他の主要なプロジェクト同様に、エンストンのファクトリーの改善を完了するための設備投資が、2018年にも残っている。そして、ルノーがコンストラクターズタイトルを獲得するための、長期計画を強化していく」

 ルノーはチーム取得以来、5カ年計画での立て直しを目指している。そして2017年の収支と業績は、当初の予定通り推移しているとルノーは主張している。

「2017年12月31日に終了した事業年度の収支及び業績は、成果と事業計画に大きな改訂が要求されるような内容ではなかった」

次の F1 ニュース
マクラーレンCEO、チームの構造的欠陥に言及「意思決定が”渋滞”している」

前の記事

マクラーレンCEO、チームの構造的欠陥に言及「意思決定が”渋滞”している」

次の記事

ザウバーの躍進にガスリー危機感「PUの違いが大きな差を生んでいる」

ザウバーの躍進にガスリー危機感「PUの違いが大きな差を生んでいる」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース