ルノー、来週のインシーズンテストに育成のジャック・エイトケン起用

シェア
コメント
ルノー、来週のインシーズンテストに育成のジャック・エイトケン起用
執筆:
2018/05/08 2:04

ルノーは、スペインGP後に行われるインシーズンテストで育成ドライバーのジャック・エイトケンを起用する。

 ルノーF1チームは、スペインGP後の5月15、16日に行われるインシーズンテストに育成ドライバーのジャック・エイトケンを起用することを明らかにした。

 ルノー・スポール・アカデミーの一員でもあるエイトケンは今年、ARTグランプリから FIA F2に参戦しており、その一方でルノーのリザーブドライバーも務めている。

 これまでエイトケンがF1マシンをドライブした経験は、昨年ヘレスで2012年型マシン『E20』をドライブした1度のみである。

 今回のインシーズンテストでは、カルロス・サインツJr.が初日を担当し、2日目にエイトケンがその役割を引き継ぐ予定だ。

 なお他チームに関しては、トロロッソは初日にショーン・ゲラエルが、2日目にピエール・ガスリーがそれぞれテストに参加することが決まっている。マクラーレンは2日ともランド・ノリスがテストに参加するが、ストフェル・バンドーンとオリバー・ターベイもマシンをシェアする予定だ。

 ウイリアムズは初日にヤングドライバーのオリバー・ローランドを起用。彼はこのテストで初めて今年のウイリアムズのマシン『FW41』をドライブする。2日目にはロバート・クビサがマシンに乗り込む予定だ。

 フォースインディアは、ニコラス・ラティフィとニキータ・マツェピンがマシンをシェアする。もう1台のマシンにはメルセデスの育成ドライバーでもあるジョージ・ラッセルが乗り込み、ピレリのタイヤテストプログラムを行うことになっている。

次の記事
アロンソ、ライバル勢のアップグレードは”実を結んでほしくない”と望む

前の記事

アロンソ、ライバル勢のアップグレードは”実を結んでほしくない”と望む

次の記事

ガスリー「バルセロナはこれまでに何千周も走った。大切なのは予選!」

ガスリー「バルセロナはこれまでに何千周も走った。大切なのは予選!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジャック エイトケン
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Pablo Elizalde
まずは最新ニュースを読む