F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
13 時間
:
45
:
34
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

まるで試験前の学生? ズルズルと延びるF1新規則公表に、ルノー代表が懸念

シェア
コメント
まるで試験前の学生? ズルズルと延びるF1新規則公表に、ルノー代表が懸念
執筆:
2019/06/11 8:59

ルノーのチーム代表、シリル・アビテブールは、2021年のF1新規則の公表延期に同意しかねている理由を説明した。

 これまで報道されてきたように、F1は2021年に大幅なレギュレーション変更を予定している。その新規則の草案は各チームに向けて既に提出され、6月中にはFIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)の承認を受けることとなっていた。しかしながら、それらの案には改善の余地が多くあるとして、レギュレーションを精査するために公表を10月に延期する可能性が浮上している。

 カナダGP開催中に行われた会議において、ジャン・トッド(FIA会長)とチェイス・キャリー(F1会長)が各チームに、当初6月とされていた公表期限の延期に同意するかどうかを尋ねた。なぜならこの期限は、FIAの国際競技規則によって定められたものであるため、延期のためには参戦している10チーム全ての同意が必要であるからだ。なお、その署名のための文書がFIAから各チームに送られた模様だ。

 現時点では9チームがこれに同意しているが、ルノー代表のシリル・アビテブールはこの点に懸念を示している。ただ、最終的に署名をするかどうかは未定のようだ。

 アビテブールはmotorsport.comに対し、同意を躊躇している理由を次のように語った。

「明確にするべきこと、またやるべきことがあるんだ」

「設定されている目標の一部は矛盾しており、これら全てを達成することは明らかに困難だ。例えば、ショーとしては良いものになっても、パワーウエイトレシオ(重量出力比)が今よりも悪くなる、といったことだ」

「これらのことは物理学的法則に則ったもので、今であろうが10月であろうが変わらないだろう。私は10月までに多くのことが達成できるかは全くわからないと思っている」

「そして第二に、我々は期限が6月だと1年、いや1年半前から知っていた。その間に何をしただろうか? 期限が近づいてきて、ようやく積極的に取り組み始めている」

「まるで不真面目な学生が試験直前に宿題をしているようなものだ。我々がそれと同じシチュエーションに陥り、10月にも同じような会話をしているのではないかという不安がある」

「そして最後に、一部の人々はこの競技にとって本当に良い変更を追い求めている。そして、我々はこの競技にとって正しいことをしているかどうかを確かめる必要がある。それはルノー、またはメルセデスに限った話ではない」

「これには間違いなく時間がかかることだということは分かっている。しかしこれは、期限がどうなるかに関わらず、正しい精神の下で行われるべきで、FIAとF1の正しいリーダーシップによって行われるべきだ」

「しかし、いくつかのチームはこれらの変更を好んでいないことも事実だ。だから我々は、この競技にとって必要なはずの変化を行わない理由を探る事に時間をかけている。例えば視聴率を見たり、スポンサーを引き付けることの難しさを考えたりしている。それが我々の関心事だ」

 アビテブールはまた、もし仮に期限が延期されたとすれば、ルノーのように延期に反対したチームは、レギュレーションが骨抜きになってしまった場合に容認できないだろうと語った。

「我々は挑戦に対して肯定的なスタイルなので、(新しい規則が)原理原則と主要な目的から逸脱していなければ、前向きになれるだろう」

「それには全会一致が必要だ。我々は署名する必要があるが、それは他のチームも同様だ。いくつかのチームはそれについてほとんど話していないので、それをあまり気にかけていないのだと思う。それが心配だ。我々は皆、そのプロセスと、国際競技規則により規定されている期限を気にしておくべきだ。もし彼らがここにいるのなら、同じ理由で同席する必要があると思う」

「繰り返しにはなるが、我々が求めているものが書面の中で保証されていれば、前向きに考えるだろう。我々はF1とFIAが求める変更を行いたいと思う」

「私は特定の権利を求めているわけではない。その期間に誰も妨害できないようにしたいんだ」

次の記事
「ペナルティは当然だ」F1王者ニコ・ロズベルグがベッテル擁護に疑問

前の記事

「ペナルティは当然だ」F1王者ニコ・ロズベルグがベッテル擁護に疑問

次の記事

フランスGPの持ち込みタイヤが公表。3強の選択はほぼ同じに

フランスGPの持ち込みタイヤが公表。3強の選択はほぼ同じに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Renault Sport
執筆者 Adam Cooper