F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

2020年は開発“チキンレース”が勃発? 2021年とのバランス取りに苦悩か 

シェア
コメント
2020年は開発“チキンレース”が勃発? 2021年とのバランス取りに苦悩か 
執筆:
2020/02/16 8:06

ルノーF1チームのエグゼクティブディレクターは、2020年のマシン開発から、大きくルール改定される2021年以降のマシン開発への切り替えという点で、各チームは“チキンレース”に直面していると話した。

 F1に参戦する各チームが2020年シーズン用のマシンを発表したばかりだが、既に2021年以降に向けた戦いは始まっている。

 よりレースを面白く、エキサイティングなものとするため、F1は2021年以降に大幅なルールの改定を予定しており、そこには年間の予算上限も含まれている。

 2021年以降もライバルから後れを取らないためには、今から2021年マシンの開発に投資する必要がある……しかし現在のマシン開発も可能な限り推し進める必要があると、彼らは認識しているのだ。

 ルノーF1チームでエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、2020年と2021年の開発プログラムのバランスをどうとるかは、特に難しいと考えている。彼はチームが直面している状況について、motorsport.comに次のように語った。

「私はこれが誰にとっても大きなジレンマになるだろうと思っているんだ」

「我々は計画を立てているし、他のどのチームもそのはずだ。計画とは、シーズン中の開発を短縮するものだ。だがそれは開発を減らすということではなく、より集中して開発を行なうということだ」

「まだシーズンの始まっていない今、こう言うのは容易いことだ。トップ3チームがチャンピオンシップを争っているのであれば、誰が最初に開発の手を緩めるかはとても興味深いだろう。例えばフェラーリが早めに2021年以降の開発に切り替えて、ライバルに勝たせるリスクをとると思うだろうか?」

「正直に言って、これは(トップ3だけではなく)フィールド全体で同じだ。(コンストラクターズランキング)4番手争いは激しい。誰が最初に開発を切り替えるかは、チキンレースのようなものだ」

「しかし2021年は非常に大きな挑戦であり、進歩の余地は大きい。だから気を散らさないことが重要だと思う」

 またブコウスキーは2021年の開発へ移行するのが遅すぎた場合、問題が発生するだろうと語った。

「『新ルールは規制が多すぎるか?』については多くの話し合いがあった。今よりは規制が厳しくなるが、私はチャンピオンシップがより競争的なものとなるように意図されていると思っている」

「新レギュレーションが始まる際には、開発はかなり進んでいるだろう。パフォーマンスを向上する機会はたくさんあるが、開発を移行するのが遅すぎると2021年に問題が発生するだろう」

「現実としては2020年にどの位置にいるのか、どの程度のポテンシャルがあるのかを理解し、2021年の開発を更に進める必要があるだろう。どのチームもそうしたことを評価し、それぞれの選択を下すと思う。それを見るのは興味深いだろうね」

Read Also:

次の記事
メルセデス“1強”だとしてもファンを減らしていない! 代表のトト・ウルフが断言

前の記事

メルセデス“1強”だとしてもファンを減らしていない! 代表のトト・ウルフが断言

次の記事

ルノー、F1参戦は継続? アビテブール代表は長期的にF1に留まる“自信アリ”

ルノー、F1参戦は継続? アビテブール代表は長期的にF1に留まる“自信アリ”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble