ルノー、新たなタイトルスポンサー獲得は”F1長期参戦”への追い風か

ルノーのシリル・アビテブール代表は、新たなタイトルスポンサー獲得により、ルノーがF1に長期参戦する可能性が高まったと語った。

ルノー、新たなタイトルスポンサー獲得は”F1長期参戦”への追い風か

 ルノーF1チームは2020年の開幕戦オーストラリアGPを前に、正式なマシンカラーリング発表と合わせ、新たなタイトルスポンサー獲得を発表した。

 ドバイの物流会社『DP World』と複数年のタイトルスポンサー契約を結んだことにより、ルノーの新車R.S.20のフロントウイング及びリヤウイングには白文字でDP Worldのロゴが掲出されている。

 2021年以降のF1に参戦するかどうか、ルノーの取締役会はまだ決定していないが、少なくとも新たなスポンサー獲得は、チームの財政バランス改善に役立つはずだ。

 ルノーF1チームのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、2021年から予算制限が導入され分配金がより公平となることもあって、新たなスポンサー獲得がF1への長期参戦に向けて、良い追い風になっているとmotorsport.comに語った。

「私はスポンサーの獲得が助けになり、間違いなく正しい方向に一歩進んだと思う」

「全てが良い方向に進んでいる。ご存知の通り決まっていることもあれば、まだ決まっていないこともある。議論は続いており、残念だが我々はまたF1の”政治”に参加することになるだろう。コンコルド協定(F1の商業的権利に関する協定)に署名するまで、議論は続けられるんだ」

「しかし分配金のシステム改善や、財政レギュレーションを導入するのは大歓迎だ。我々にはまだ議論すべきことがたくさん残っているが、経済的な状況は正しい方向に進んでいる」

「今回のパートナーシップ締結により、我々がF1に長期的に参戦すると認めることはできない。しかし、間違いなくかなりの助けになるだろう」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
危機に直面しているF1。試されるF1オーナー、リバティ・メディアの”リーダー力”

前の記事

危機に直面しているF1。試されるF1オーナー、リバティ・メディアの”リーダー力”

次の記事

【F1開幕戦中止に伴い、本企画を一旦中断させていただきます】DAZNの“1年無料コード”をゲットせよ! 『F1開幕戦優勝は誰だ!?』キャンペーン実施

【F1開幕戦中止に伴い、本企画を一旦中断させていただきます】DAZNの“1年無料コード”をゲットせよ! 『F1開幕戦優勝は誰だ!?』キャンペーン実施
コメントを読み込む