ルノーとマクラーレン、台風による潤滑油の到着遅れで早朝作業を実施

シェア
コメント
ルノーとマクラーレン、台風による潤滑油の到着遅れで早朝作業を実施
執筆: Adam Cooper
2018/10/05 3:31

ルノーとマクラーレンは、BP/カストロールの潤滑油が台風の影響でサーキットに届くのが遅れ、金曜日早朝に作業を行わなければならなかったという。

 ルノーとマクラーレンは、使用しているBP/カストロール製の潤滑油が台風の影響でサーキットに到着するのが遅れたため、金曜日早朝から作業を行ったようだ。

 日本列島に相次いで台風が接近した影響で、F1チームが空輸した貨物の到着に遅れが生じてしまった。とりわけルノーとマクラーレンは、マシンを走らせるために必要な潤滑油と、油圧ライン用の油が木曜日までに鈴鹿に到着しなかったようだ。

 どちらのチームもエンジン始動するなど、レース週末における通常通りの手順をこなすことができず、レギュレーションで定められている作業禁止時間を破る形で、金曜早朝に作業を行うことを余儀無くされた。最終的に作業は午前7時に終了したという。

 なお、レッドブルはエクソン・モービルの燃料および潤滑油を使用しており、幸いこの影響は受けなかったようだ。

 レギュレーションではシーズン中、2度作業禁止時間を破ることができるが、ルノーはこれが1回目。マクラーレンは2度目にあたるが、両チームは天候の影響による不可抗力だとして、FIAに今回の作業について特別許可を求めているようだ。

次の F1 ニュース
鈴鹿FP1速報:ハミルトン首位。トロロッソのガスリー11番手発進

前の記事

鈴鹿FP1速報:ハミルトン首位。トロロッソのガスリー11番手発進

次の記事

ハートレー「鈴鹿のF1ファンほどの熱意を感じられる国はそう多くない」

ハートレー「鈴鹿のF1ファンほどの熱意を感じられる国はそう多くない」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース