ルノー、”信頼性”確保のためMGU-Kのアップデート遅延を気にせず

シェア
コメント
ルノー、”信頼性”確保のためMGU-Kのアップデート遅延を気にせず
執筆: Scott Mitchell
2018/05/21 4:06

ルノーは、新しいMGU-Kの信頼性を立証しようとしており、アップデートされたERSの投入時期を定めていないことを明かした。

Sebastian Vettel, Ferrari and Remi Taffin, Head of Renault Sport F1 Track Operations
Bob Bell, Renault Sport F1 Team at Renault Sport F1 Team and Remi Taffin, Head of Renault Sport F1 Track Operations
Remi Taffin, Director of Operations, Renault Sport F1, in the Press Conference
Jake Dennis, Red Bull Racing RB14
Jake Dennis, Red Bull Racing RB14
Jack Aitken, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Jack Aitken, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Jack Aitken, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Jack Aitken, Renault Sport F1 Team R.S. 18

 ルノーは、新しいMGU-Kの信頼性を確実なものにするために、投入時期が遅れていることを問題視しておらず、いつから使用するのかという目標を定めていないという。

 ルノーが使用しているMGU-Kは、イタリアのマニエッティ・マレリ社と共同開発したものだ。このMGU-Kは、ルノー・スポールのオーダーメイト品で、昨シーズンの初めに導入された。

 信頼性の問題が原因で、ルノーのアップデート投入は遅れている。今後新しいコンポーネントを使用できるということを確信するためには、テストベンチで8000~10000kmという距離を走破しておきたいが、彼らはまだその距離を走行できていないようだ。

 テクニカルディレクターのレミ・タフィンは、「我々は(MGU-Kの)重量に関して作業をしなければならない。これもひとつの解決策だ」とmotorsport.comに語った。

「それゆえ我々は(アップデートを)急いでいないし、いつアップデートを投入するかという目標も定めていない。準備ができた時に投入すると話しておこう」

「問題は信頼性だ。今は我々が必要としているだけの距離を走らせているところだ」

 ルノーは昨年のテストで新しいMGU-Kを使用していた。しかしそこでは、タフィンが要求する”最後の改善”が見られなかったのだという。

 MGU-Kはブレーキング時に発電機の役割を果たして運動エネルギー回生して集め、モーターとしてそのエネルギーを消費して走行に活かすためのデバイスであり、ERSパッケージ全体のパフォーマンスの基本となるものである。

 MGU-Kの重量は7kg以上と決められているが、ルノーの新しいMGU-Kの重量はわかっていない。なお現在ルノーが使用しているMGU-Kは、アップデートされたものよりも数キロ重いと見られている。

 ルノーは第7戦カナダGPで最初の大きなアップグレードを予定しているが、MGU-Kはそのアップグレードとは別で投入されるようだ。

 昨シーズン、カナダGP以降の走行距離は約10000kmであった。つまりMGU-Kの上限に到達しているが、テストでその状況を生み出すことは難しい。

 タフィンは信頼性について、「それ(アップデート)を投入するかどうかに影響を及ぼす」と話した。

「もし7戦目でそれを投入したら、それで13レースは走れないだろう。3基目が必要になりペナルティを受けることになる」

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、今年のエンジンをアップデートすれば、現在のフェラーリやメルセデスに対して不足している部分を超えることになるだろうとすでに明言している。

 現行のエンジンは、最大限のパフォーマンスレベルに到達するまでには”マージン”があり、まだ”0.5秒”を引き出せるとルノーは考えているとタフィンは話した。

「パフォーマンスを備えることが遅れるというのは問題だ。だが我々の望みは、トラック上で信頼性できるパフォーマンスを発揮することだ」

「ターゲットは、少なくとも来年までにベストのレベルに到達することだ」

「1年を通してパフォーマンスを改善することは重要だ。もし可能なら今年の間に2019年に向けたものも手にしたい」

次の F1 ニュース
ウイリアムズの苦戦続くも、ストロール父「息子の移籍は考えていない」

前の記事

ウイリアムズの苦戦続くも、ストロール父「息子の移籍は考えていない」

次の記事

ブーリエ「私はマクラーレンを立ち直らせるために最適な人物だと思う」

ブーリエ「私はマクラーレンを立ち直らせるために最適な人物だと思う」

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース