F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
00 時間
:
05
:
02
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
22 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
28 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
35 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
49 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
56 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
77 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
112 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
126 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
140 days

ルノーF1、ベッテル獲得の意図は否定せずも、若いドライバー起用が優先?

シェア
コメント
ルノーF1、ベッテル獲得の意図は否定せずも、若いドライバー起用が優先?
執筆:
2020/03/17 23:03

ルノーF1は、今季限りで契約が切れるダニエル・リカルドを失った場合、セバスチャン・ベッテルの獲得を目指す可能性を否定しなかったが、それよりは若いドライバーを起用した方が良いと考えていることを明かした。

 2019年シーズンからルノー入りを果たしたダニエル・リカルド。しかしその1年目は表彰台を獲得することもできないなど、期待通りのシーズンとはならなかった。

 そのリカルドとルノーF1の契約は、今シーズン限りで切れることになっている。そして噂されている通り、セバスチャン・ベッテルがフェラーリを今季限りで離脱することになった場合、その後任最有力はリカルドだと言われている。

 ルノーとリカルドは共に、2020年シーズンのパフォーマンスが、契約を更新するのに十分なモノであることを期待している。しかし現時点では、確約されたモノは何もない。

 ルノーF1のチーム代表であるシリル・アビテブールは、フランスのテレビ局”Canal+”の番組で、リカルドを失った場合ベッテル獲得の可能性を否定しなかったが、それは最優先事項ではないとも語った。

「彼(ベッテル)は偉大なドライバーであり、偉大なチャンピオンだ。だから(獲得したいということについては)ノーとは言いたくない」

 ベッテルが獲得候補であるかどうかを尋ねられたアビテブールは、そう語った。

「我々はかつて共に働き、そして共に勝ったんだ」

「でも、”昨日のドライバー”よりも、”明日のドライバー”と仕事をしたい。そうやってまとめるのは、とても難しいことだけどね。だからセバスチャンについても、そうまとめないで欲しい」

「それでも、我々にはドライバー・アカデミーがある。そして2021年もしくは2022年にF1にデビューできるかもしれないドライバーもいる。我々は2021年にF1にデビューさせるため、2016年にこのアカデミーを設立した。それを覚えておく必要がある」

「まもなく2021年がやってくる。それを認めなきゃいけない。通常で行けば、クリスチャン・ルンガーがいる。しかし彼はまず、今季はF2シーズンを戦うしかない。そして我々は今季、ダニエルとシーズンを迎えたのだ」

 リカルドとの将来は、ルノーの2020年用マシンの出来にかかっていると、アビテブール代表は認める。しかし新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、F1の序盤戦が延期されることになったため、その結論を出すのは待たねばならない。

「良いベース、共有するベースを基に、彼を確保しなきゃいけない」

 そうアビテブールは説明する。

「重要なのはプロジェクトだ。私は今、何の答えも手にせぬままに質問に答えている。でも我々は、まず最初のレースを見てみる必要があると思う」

「我々は一歩前進することができたのだろうか? 昨年に比べて、少し自信が回復しているのだろうか? 彼はチームにうまく溶け込んでいるのか? そしてもし我々が共に、これが長期的なプロジェクトだと感じているのなら、契約を継続しないのはなぜなのだろうか?」

 アビテブールは、レッドブルを突如離れ、ルノーに電撃移籍したリカルドの心情も考慮すべきだと語った。

「ダニエルはルノーに移籍したことについて、気にかけていると思う。この移籍は理解できない一部のメディア、特にイギリスのメディアからとても批判された」

「人間、技術、スポーツいずれの面でも、プロジェクトを作り上げるというこの狙いは、彼にとって重要なことなんだ。彼は感情によって動く人物だ。彼はその決断が良いモノだったと証明し、続けるに値すると証明したいと考えていると思う」

Read Also:

次の記事
FIAを信用しようよ! ルクレール、疑惑のPU問題に抗議のライバルへ一言

前の記事

FIAを信用しようよ! ルクレール、疑惑のPU問題に抗議のライバルへ一言

次の記事

サインツJr.、帰国後は自主隔離へ。「少し退屈」とビデオメッセージ

サインツJr.、帰国後は自主隔離へ。「少し退屈」とビデオメッセージ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Renault Sport
執筆者 Jonathan Noble