F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ヒュルケンベルグとの最後のグランプリ。ルノーF1チームから感謝の言葉

シェア
コメント
ヒュルケンベルグとの最後のグランプリ。ルノーF1チームから感謝の言葉
執筆:
2019/12/01 12:24

ルノーは、アブダビGPを最後にチームを離れることになっているニコ・ヒュルケンベルグに対して敬意を表している。

 ルノーはニコ・ヒュルケンベルグとの今季限りとなっている契約を更新せず、来季からダニエル・リカルドのチームメイトとして、エステバン・オコンを起用することを選択した。

 ただヒュルケンベルグは、来季のF1にシートを確保することができず、未だその行き先は決まっていない状況である。

 ヒュルケンベルグとの最後のレースを前に、ルノーF1チームはプレスリリースを発表。貢献に対する感謝を示した。

 ヒュルケンベルグは2017年にルノーのワークスチームに加入。3シーズンにわたって同チームのドライバーとして戦った。

 ルノーのチーム代表であるシリル・アビテブールはヒュルケンベルグについて、チーム力を向上させていく上で「大きな助けになった」と語った。

「我々は次の一歩を踏み出すための経験を持つ、成熟したドライバーを求めていた。そして、彼はその点でこれ以上ない存在だった」

 そうアビテブールは語った。

「彼には多くの力強い能力があるから、これは簡単な決断じゃなかった。彼は素晴らしいドライバーだし、常にやる気に満ち溢れている。そして我々のことを後押ししてくれた」

「彼の今後の幸運を祈り、そして過去3年にわたるルノーF1チームへの多大な貢献に、心から感謝している」

 ヒュルケンベルグのレースエンジニアを務めたマーク・スレードも、チームのメンタリティの前進に、ヒュルケンベルグが大きな役割を果たしたと語った。スレイドは、かつてマクラーレンやロータスでキミ・ライコネンを担当するなど、敏腕エンジニアのひとりとして知られる人物だ。

「ニコが2017年に加わり、我々をまた別のレベルに引き上げてくれた」と、スレードは語った。

「一夜のうちに我々は地図を取り戻し、そして再び大きなチームのように動き出した」

「彼は頭が良く、能率的で、周りを混乱させることがない。そして、ユーモアのセンスがある」

「彼は成し遂げることを決心し、そして類稀な立ち直る力を持っている」

「我々は共に素晴らしいレースをいくつか戦った。しかし歴史の本が、それを正当に評価することはなかった」

「彼と共に仕事ができて、とても光栄だ。彼は僕が働いてきたレーシングドライバーの中で、トップクラスにいると言うべきだろう」

「彼はチームの一員だと感じていたし、開発に本当に寄与してくれた。素晴らしいフィーリングだったよ」

 ルノーのスポーティングディレクターであるアラン・パーメインは、ヒュルケンベルグは「例外的」なフィードバックや「非常に重要な」技術的な考察をもたらしたと語った。

「2017年のシルバーストンのことを思い出す。彼は特定のハンドリング特性について、我々に語ってきたんだ」

 そうパーメインは語る。

「彼はもっとスピードを高く保ったままコーナーに入りたいと思っていた。そして最も必要なところでダウンフォースが落ちてしまっていると感じていたんだ」

「これをサポートするために新しいフロアを開発し、最終的にイギリスGPに間に合わせることができた」

「彼はしばらくの間無線で何も言わず、最後にこう言ったんだ。『何も言わなかったけど、もし僕の顔が見えたのなら、笑顔になっていたのを見ることができるはずだよ!』とね」

「彼が言いたいことがある時には、いつも耳を傾ける価値があるんだ。このエピソードは、それを要約しているよ」

Read Also:

次の記事
2019年 FIA F1世界選手権第21戦アブダビGP 決勝ライブテキスト

前の記事

2019年 FIA F1世界選手権第21戦アブダビGP 決勝ライブテキスト

次の記事

F1アブダビ決勝速報:ハミルトン優勝で幕閉じる。フェルスタッペン2位表彰台

F1アブダビ決勝速報:ハミルトン優勝で幕閉じる。フェルスタッペン2位表彰台
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell