F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

レーシングポイント、マシンの合法性を確信「ルノーの抗議は誤解によるもの」

シェア
コメント
レーシングポイント、マシンの合法性を確信「ルノーの抗議は誤解によるもの」
執筆:
2020/07/14 6:27

レーシングポイントは、シュタイアーマルクGP後にルノーが『RP20』のブレーキダクトに関する抗議を行なったことについて、“誤った認識と情報不足”とみなしており、不正行為を否定している。

 F1第2戦シュタイアーマルクGP終了直後、同GPを6位と7位で終えたレーシングポイントに対してルノーが抗議を提出した。しかしながら、レーシングポイント側はそれに反発する姿勢を見せている。

 昨年のメルセデスのマシン『W10』に酷似していると言われてきたレーシングポイントRP20だが、ルノーは抗議の理由として、RP20のフロントとリヤのブレーキダクトのデザインがメルセデスと似ている点を指摘している。

Read Also:

 FIAのスチュワードはルノーの抗議を受け入れ、この問題は今後調査されていくことになった。レーシングポイントとルノー、そしてメルセデスは証拠の提出を求められることになる。

 レーシングポイント側は声明で次のように述べている。

「BWTレーシングポイントF1チームは、誤解と乏しい情報に基づいた抗議があり、シュタイアーマルクGPのリザルトが疑問視されていることについて、非常に失望している」

「あらゆる不正行為の疑いに関しては、断固として否定する。チームはレギュレーションが正しく適用されていることを保証するために必要なあらゆる措置を講じる」

 レーシングポイントはまた、2020年のマシンデザインに関してどういったことをしてきたか、これまでFIAに十分な情報を提供し続けてきたと主張した。

「シーズン開始前、チームはFIAと協力し、RP20のデザインの成り立ちに関する全ての疑問に対応し、納得させた」

「チームが回答を提示すれば、抗議は却下されることになると確信している」

 とは言え、仮にルノーの抗議が認められた場合、レーシングポイントは難しい状況に陥る可能性がある。現在のダクト設計を継続使用する中で、シーズン中にそれらが違法と判断された場合、それまでのリザルトやポイントを失う可能性があるからだ。また、それによってデザインを変更することを余儀なくされたり、2019年バージョンに切り替えることも、いくつかの妥協を生むことになるはずだ。

 

Read Also:

ハース、タイヤマネジメントの”持病”は治ったものの……「今年は簡単な年にはならない」

前の記事

ハース、タイヤマネジメントの”持病”は治ったものの……「今年は簡単な年にはならない」

次の記事

レッドブル代表、メルセデスに“完敗”もドライバーふたりの走りを称賛

レッドブル代表、メルセデスに“完敗”もドライバーふたりの走りを称賛
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム , Racing Point
執筆者 Adam Cooper